プロの技

その常識に待った!ダイエットが続かない理由は「思い込み」にあった!!

その常識に待った!ダイエットが続かない理由は「思い込み」にあった!!

梅雨も明け、そろそろ本気でシェイプアップしたい今日この頃。ジムやヨガ通いにも興味があるけれど、運動が苦手だとなかなか最初の一歩を踏み出せないのが現実...。そこで今回は、おうちでのワークアウトを長続きさせるコツをフィットネスクラブ「ティップネス」のパーソナルトレーナー浦谷美帆さんに教えて頂きました。「どんな運動をやっても続かなかった」という方は、必見ですよ! 

Q)最近、ダイエット目的でストレッチやランニングを始めてみました。毎日、頑張ってトレーニングしているのですが、なかなか効果が出てきません。今までそんなに運動してこなかったので、身体を動かすのはかなり辛いです...。そろそろ挫折してしまいそう...。どうすれば、自宅での運動を長続きすることができるのでしょうか?

A)テレビやインターネットで流れる情報や自分の先入観に左右されないで! 一般的にいわれていることでも、人によってはマイナス効果を生み出すこともあります。

ダイエット目的でワークアウトを取り入れているのは、非常に素晴らしいですね! でも、今まで運動習慣がない方が最初からハードルの高いワークアウトにチャレンジすると挫折してしまうケースがほとんど。皆さん「これをやらなくては!」と頭でっかちになっていることも多く、無理をしてしまうのが原因。そこから解放されるとワークアウトのハードルがグンと下がり、身近なものに感じられます。まずは「思い込み」を取り払うのが先決です。

【思い込み1】「激しいトレーニングはすぐに結果が出る」は、運動初心者の落とし穴!

「短期間で痩せられる」という思い込みで、ハードなワークアウトを取り入れる方もいらっしゃいますが、運動習慣がない方にはオススメしません。というのも、挫折やケガの原因にもなりますし、運動習慣がない方はそもそも血液の巡りが良くない場合が多いんです。血液の流れをスムーズにするために、有酸素運動を取り入れて汗をかきやすい体質作りを始めることからチャレンジしてみてください。怪我や大きな病気をしたことがない人であれば、全身を使うウォーキングや軽いジョギングがオススメ。汗をかくと気持ちが良く、身体の中が変わっていくことが実感できますよ。無理のない軽い運動こそが、血液の巡りが良い体質に導いてくれる秘訣です。

【思い込み2】「有酸素運動は20分以上継続しないと意味がない」は間違い!

有酸素運動は時間が大切。たくさん身体を動かす時間が長ければ長いほど、代謝が活発になるので、強度と共に時間が大切です。一般的に目安は20分といわれていますが、皆さん「20分以上継続しなければ意味がない」と思い込んではいませんか? 実はこれ、続けなくても10分+10分などの合算の時間でもOK。例えば、階段を使うようにしたり、ひと駅分歩いてみたりなど、日常生活で身体を動かす習慣をつけることが重要です。身体は一度、代謝が活発になるとその後も活発な状態が続くので、朝にトレーニングをするのが◎。夜に運動をしても、寝るまでの時間しか活発にならないのでもったいないですよね。トレーニングをするなら、朝に取り入れて効率よくダイエットをしましょう。

【思い込み3】「腹筋と腕立て伏せだけのシェイプアップ」はNG!

ワークアウトといえば、「腹筋」や「腕立て伏せ」など、前傾になるものを取り入れがちですが、忘れてはならないのが、全身はバックスタイルも含めてだということ。年齢を重ねていくとともに背中にお肉がたっぷりとついていくのは、背中を鍛えていないのが理由。腕を意識的にふるだけでも背中へ効果的に働きかけてくれるので、ワークアウトにプラスしてみてください。動かすだけなので、特別にワークアウトの時間をとらなくても実践できますよ。

>>次ページ 毎日少しでも良いので身体を動かすことがとっても大切!
初心者の方にもオススメのミニアークアウトをご紹介♪

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。
Invalid category filter: (編集部のピックアップ!)Invalid category filter: (編集部のピックアップ!)