プロの技

二の腕、背中...ぽっちゃりパーツを1週間で解消する方法

二の腕、背中...ぽっちゃりパーツを1週間で解消する方法

暖かい日が続き、そろそろ春ファッションを本格的に楽しむ時期ですよね。でも薄着になると、冬についてしまったはみ肉が気になる人も少なくないのでは? そこで今回は、ボディメイクトレーナーの佐久間 健一さんに、短期間でも効果てきめんなエクササイズを伺いました。すっきりとした身体を手に入れて、この春のファッションを思いっきり楽しみましょう♡

Q)先日、春物を試着したら、いつものサイズが若干キツい気がして...。夏が来る前に、どこから痩せるのが良いですか?

A)寒さで無意識のうちに背中を丸めてしまう冬は、上半身の血流が滞りがちになり、背中や二の腕などに脂肪がつきやすくなります。まずは「背中」と「二の腕」を集中的に絞りましょう!

女子の大敵「ぷるぷる二の腕」はなぜできる?

女子の永遠の悩みといえば「プルプルと揺れる二の腕」。ほっそりとした二の腕に憧れて、腕を鍛えるエクササイズをした方もいるのでは? でも、実は二の腕のプルプルは、腕だけではなく、肩甲骨にも原因があるんです!
肩甲骨は、二の腕や背中の筋肉と繋がっているため、肩甲骨が上手に動かせないと二の腕の筋肉の動きも悪くなり、「プルプル」状態になってしまうのです。肩甲骨を下に動かす動作は日常的に行わないため、肩甲骨まわりは固まりがちです。
解決方法は、筋肉をしっかりつけることと、意識して肩甲骨を下げること。両方を組み合わせたトレーンングだと、短期間で二の腕を引き締めることができますよ。今回は、オフィスでできる簡単なものと、自宅でできる少しキツめのエクササイズを紹介します。

腕を伸ばすだけ! 超簡単・エアダンベル運動

親指と人差し指は背中の神経に繋がっているので、二の腕に関連している肩甲骨にもパワーを発揮してくれます。腕の曲げ伸ばしを繰り返すだけなので、オフィスにいながらできますよ。簡単だけど、ちゃんとやると結構キツいのが特徴です。

  1. 親指を立てた状態で、片手を握る。
  2. 腕がピンと伸びるように握った手を真下に下げ、10秒キープ。床に向かって引っ張るような感覚でやるのがポイント。

この動作を両腕で各6セットやるのみ! そのときに腹筋を意識するとなおGOOD♪ 親指が外を向かないように、手首の動きに注意。所要時間は片腕1分と、とっても簡単です。

毎日3分でOK!ちょいキツ・スロースクワット

自宅では、少しキツめな身体全体を動かすエクササイズにチャレンジしてみましょう。スクワットも、正しくやるとしっかり汗がかけるものですよ。

  1. 脚を腰幅に広げて、腕を斜め前方に上げる。この時、手は「前ならえ」をするように親指を真っ直ぐ立てるのがポイント。
  2. ゆっくりと腰を降ろす。膝がつま先より前に出過ぎないように意識する。15回を目安に繰り返す。

次は、二の腕と同じくらいぽっちゃりして見える、背中のシェイプアップ術をレクチャーします。

>>【次ページ】背中の脂肪を引き締めるエクササイズ!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。