コスメ

スキを見せるのがコツ!抜け感のある「大人×かわいい」ヘアメイク【ベースメイク編】

スキを見せるのがコツ!抜け感のある「大人×かわいい」ヘアメイク【ベースメイク編】

コンサバやクールな印象から脱出したいなら、思い切って抜け感のある「大人×かわいい」ヘアメイクに挑戦するのがおすすめです。ポイントはピンクの使い方と毛先のカール感。作り込み過ぎないで、スキを見せるのがコツなんです。

今回はベースメイク編。抜け感をしっかり仕上げるコツを教えちゃいますよ!

ベースは軽く、ファンデはほとんど使わずに!

さらっと軽いナチュラル肌に仕上げるには、あえて顔全体にファンデーションを塗らず、代わりに下地やコントロールカラー+コンシーラーを使ったベースメイクがおすすめ。ファンデーションを使わないためには、下地やコントロールカラーで肌を整えることが大切です。

  1. 下地でうるおいや肌の凹凸を整えたあと、ほおや赤みの気になる部分にアイボリーやイエロー系のコントロールカラーをON。
  2. その後、肌のきれいな部分にあわせていくように、クマや小鼻周り、口角のくすみなどにコンシーラーを塗っていきます。厚ぼったくならない筆ペンタイプのコンシーラーでカバーすれば、素肌のきれいさを活かしたナチュラル肌の完成です。濃いシミをカバーしたい場合にはペースト状のコンシーラーが◎ですよ。
  3. 最後にフェイスパウダーを大きめのブラシに取って、ふんわりと顔全体にベールをかけるような気持ちで大きくまわしながらのせましょう。ブラシがなければもちろんパフでも大丈夫。パフは容器からパウダーを取るものも別に用意しましょう。いったんパフに落とし、なじませることで、パウダーをムラなく塗ることが出来ます。顔の産毛を逆立てるようにブラシを動かすと、しっかりのせられます。

いったんパフに落とすことで、パウダーがパフやブラシにムラなく広がる

ほてった肌を作るチークテクニック!

ピンクのチークをブラシに取ったら、一度ティッシュにチークを落として薄付きにしてからつけるのがポイント。ピンクは色が強く出る分、少しずつ塗りを重ねて調整します。このとき、次第にほおの中心部分を濃くするように重ねていくと、グラデーションがかかってより自然。上気したようなほおに仕上がりますよ。

次回はアイメイク編です!

・関連リンク
スキを見せるのがコツ!抜け感のある「大人×かわいい」ヘアメイク【アイメイク編】
スキを見せるのがコツ!抜け感のある「大人×かわいい」ヘアメイク【ヘアアレンジ編】

高木大輔

高木大輔

ヘアメイクアーティスト/Atelier Salon DD 代表

株)資生堂に入社後、ビューティークリエーション研究所に所属し撮影・宣伝広報活動・技術教育・ファッションショー等のアーティスト活動を経てフリーランスとして独立。プライベートサロンAtelier Salon DDを設立し、サロンワークのほか、技術教育、撮影、プロモーション活動など多岐にわたり活動中。文化服装学院非常勤講師。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。