コスメ

眉マスカラで作る話題の「うぶ眉」がかわいすぎる!

眉マスカラで作る話題の「うぶ眉」がかわいすぎる!

オシャレ感を左右する眉メイク。ここ最近は、太さはありつつも主張しすぎないナチュラルな「うぶ眉」が人気ですよね。自然な眉毛作りに大活躍してくれるのが「眉マスカラ」。しかし、肌に付いたり、毛流れがなくなってしまい、のっぺり顔になっちゃう...なんて悩みがある人も多いのでは? そこで今回は、眉マスカラでふんわりとしたうぶ眉を作るコツをご紹介します。

今ドキ眉作りに欠かせない眉マスカラの魅力はコレ!

眉マスカラのいい所は、なんといっても眉毛の質感を変えられるところ。ブローパウダーやペンシルでは難しい柔らかな毛流れを演出したり、髪色に合わせて眉色を変えることで、眉に立体感が出ます。眉がふんわりしていると、目もとや鼻筋に自然な陰影ができるので、顔全体が引き締った印象になりますよ!

立体眉を作る眉マスカラの塗り方

下準備:まばら眉や薄眉の人は、パウダータイプのアイブローを使って隙間を埋めながら、眉毛全体の形をざっくり整えておきましょう。

  1. 眉マスカラの液がつき過ぎないように、ブラシを軽くティッシュでオフしてからスタート! 始めから濃くつけるのではなく、色を徐々に足していくのがコツ。
  2. 眉尻から眉頭へ向かって、毛を「起こす」ように、毛流れに逆らって眉マスカラをつける。
    (POINT:こうすることで、眉毛がふんわりと立ち上がり、「脱・のっぺり顔」に)
  3. 仕上げに眉マスカラを眉頭から軽くすべらせて、毛流れを整える。毛を寝かしてしまわないように気をつけて!

 ふんわり立体感のある眉は、目をパッチリ大きく見せてくれるという嬉しい効果もアリ♪ いいことづくめのうぶ眉、ぜひ試してみてくださいね。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。