コスメ

乾燥シーズンにオススメ!ふわもこ泡洗顔のテクニック

乾燥シーズンにオススメ!ふわもこ泡洗顔のテクニック

毎日の洗顔の際、洗顔料をきちんと泡立てていますか? きめの細かい泡で優しく洗うと、肌のうるおいが保たれると言われていますよね。 でも、実際のところ、「どのくらい泡立てればいいの?」、「泡立てるのって難しい!」と思っている人も多いはず。そこで今回は、知っているようで意外と知らない正しい泡立て方や、ふわっふわの泡を作るコツ、洗顔方法を解説します。特別な道具は何もいらないので、今日からふわもこ泡洗顔、始めましょー!

【ふわもこ泡洗顔のコツ1】洗顔前のしっかり手洗い&顔をぬらす

手に汚れや油分がついていると泡立ちが悪くなるので、最初に手を洗うことをお忘れなく! そして、事前に水かぬるま湯で顔をしっかりと濡らしましょう。乾いた肌に直接泡をつけると、泡がつぶれやすくなるだけでなく、デリケートな肌にとって負担になることも。いい泡をつくり、洗顔中ずっと長持ちさせるためにも、まずはきちんと手を洗って油分や汚れを落とすことが大切です。

【ふわもこ泡洗顔のコツ2】大事なのは差し水。泡立てながら、水を加えて!

手のひらが濡れた状態で洗顔料を適量とり、全体に広げます。少量の水かぬるま湯を数回に分けて加え、逆さにしても落ちないくらいになるまで、しっかり泡立ててふわもこ泡を作りましょう! このふわもこ泡を作る最大のコツは差し水。泡が立ち始めてからも、何度か水を足しましょう。せっかくの泡が水でつぶれそう、と思うかもしれませんが、大丈夫! 水を足して、どんどん泡立てることで、キメ細かく、もっちりとした弾力のある泡がつくれますよ。

【ふわもこ泡洗顔のコツ3】ふわもこ泡を使って、やさしく洗う

ふわもこ泡を肌の上で転がすようなイメージで、顔全体をやさしく洗います。額や鼻など脂っぽい部分は、指の腹をつかって丁寧に。つい指でこすってしまいがちですが、泡の弾力だけで洗うようなイメージで、やさしく洗うのがポイントです!

【ふわもこ泡洗顔のコツ4】こすりすぎはNG! しっかりすすいでやさしく拭う

すすぎは流水で約1分を目安に、水かぬるま湯で丁寧に! 十分にすすいだら、タオルで顔を軽〜く押さえるように、やさしく水分を吸い取りましょう。拭きすぎはNGです。

弾力のあるふわもこ泡は、泡切れがよくすすぎやすいもの。逆に、泡立てが不十分だと、すすぐときに顔の上で泡が立ってきてしまい、ぬるぬるを落とそうとして、肌をこする原因になりかねません。肌にやさしい、ふわもこ泡洗顔を続ければ、乾燥でカサカサしていた肌も、キメが整いなめらかな肌に変わっていきますよ!

乾燥でカサカサしていた肌も、キメが整いなめらかな肌に変わっていきますよ! 毎日行う洗顔。正しい方法でお手入れをして、美肌へGO〜。

【参照】資生堂「Beauty Info

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。