コスメ

色素薄い系で色っぽい♡韓国発「ドファサルメイク」がキテる!

色素薄い系で色っぽい♡韓国発「ドファサルメイク」がキテる!

オルチャンメイクで一躍人気となった韓国メイクですが、ネクストブーム間違いなしなのが「ドファサルメイク」です。"ドファサル"とは、韓国語で「世の中のすべての男性を魅了する」という意味。早速メイクテクをマスターして、気になる彼をハッとさせちゃいましょう♪

「ドファサルメイク」って?

一番のポイントは、赤色アイシャドウ。それもほんのりではなく、ガツンと色づくボルドー寄りの赤がマスト。これを目の上下まぶたに塗り、チークにも血色感のある赤いクリームチークを使用するのが基本スタイルです。目もとが赤みを帯びていると、泣いたあとのようなうるんだ瞳になり、色っぽく見えるというワケなんです!

<ドファサルアイメイクのやり方>

  1. ブラシまたは指を使い、上まぶたに赤色アイシャドウをたっぷり塗る。
  2. 下まぶたは粘膜のすぐ下ギリギリに、ブラシでラインのように引く。
  3. (POINT:上まぶたより、やや薄めに塗るとふんわりやさしい印象になります)

  4. ブラウンまたはボルドーのアイライナーで目もとを引き締める。目頭から目尻まで引いたら、目尻はスーッと流すように少し長めにするとドファサルっぽさアップ。
  5. (POINT:跳ね上げるよりも目尻に沿って流すほうが、自然な色気が出て◎)

  6. 下まぶたの目尻1/3にも、上のアイラインと繋げるようなイメージでアイラインを引く。

もっとドファサルテク!

マスカラは上下たっぷりに塗り、お好みで涙袋にキラキラと光るジェルライナーを足し、黒目の下から目尻あたりの狭い範囲にかけて赤いクリームチークを指でぽんぽんづけすれば、さらにドファサル指数が高まります。眉毛は太く、眉尻はやや下げ気味に描くのがオススメですよ。

いかがでしたか? 韓国メイクは、女っぷりを上げるテクが満載! 色っぽメイクで、彼だけでなく街の視線が釘づけになるはず♡

Photo:Rei Nakamura
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。