コスメ

目もと「泥カラー」にハンサム眉が今年顔!秋のトレンドメイク

目もと「泥カラー」にハンサム眉が今年顔!秋のトレンドメイク

そろそろ秋メイクにシフトさせたい時期。今年の秋ファッションはカーキやネイビーが流行色! アイメイクもファッションに合わせ、スモーキーでニュアンスのあるカラーが人気です。中でも特に気になるのが「泥(クレイ)カラー」。カーキやネイビー、ボルドーといったこの秋のトレンドカラーとも相性が良く、流行の予感なんです!!
そこで今回は、気になる「泥(クレイ)カラー」を使った、この秋押さえておきたいメイクのポイントを紹介します。

泥(クレイ)カラーってどんな色?

クレイカラーとは、粘土、泥のような色のこと。特におすすめなのがスモーキーなベージュ系の色です。ベースがベージュなので肌なじみがよく、難しい印象のスモーキーカラーの中でも使いやすさ抜群なんです! それでは、泥カラーを使った秋メイクを見ていきましょう。

アイシャドウで「ニュアンス」を感じさせて

スモーキーでニュアンスのある目もとが、秋のアイメイクのポイントです。
クリームタイプのアイシャドウを指に取り、上まぶたのアイホール全体にのばします。下まぶたにも同じ色を軽く入れます。
アイラインは、目のキワに細く入れます。マスカラも同様に、軽くつけ、目のキワを引き締めます。

キリリとしたハンサム眉に!

ふんわり眉ではなく、キリリとしたカッコイイ太眉がこの秋の理想。
毛のタッチを感じさせることがポイントなので、リキッドアイブロウで眉頭から眉尻に、足りない毛を1本ずつ足すように描いていきます。
最後にパウダーアイブロウで抜けを埋めつつ、全体をなじませます。眉の形をしっかり残したいので、輪郭をぼかしすぎないように注意。

口もとは「ほんのりマット」に

リップは、自然なツヤがありつつほんのりマットなものをチョイスして、ラフに直塗りします。カラーはダークなレッドやプラムのような深い色が秋っぽくておすすめ。

「泥カラー」「ハンサム眉」「マットリップ」の3ポイントを押さえて、さっそく秋顔に変身してみて!

Photo: 鈴木花美

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。