コスメ

ふわ眉はもう古い!?この冬は「ハンサム男眉」にチェンジ

ふわ眉はもう古い!?この冬は「ハンサム男眉」にチェンジ

この秋冬は、凛とした美人顔に注目が集まっています。その流れを受けて眉メイクにも異変が。キリっとした男性っぽい眉毛がトレンドに。そこで今回は、今絶対マスターしたい「ハンサム男眉」の描き方を資生堂ヘア&メーキャップアーティストの伊藤礼子さんに教えてもらいました!

濃いグレーのペンシルアイブロウがマスト

ハンサム男眉を描く場合は、濃いグレーのペンシルを使用するのがおすすめ。ペンシルだと眉毛のタッチがしっかりと出やすいんです。色はキリっとした印象になるよう濃いグレーをチョイス。ブラウンなどのナチュラルカラーだと肌なじみがよすぎて、キリっとした印象にはなりにくいのです。

眉を濃いグレーにする代わりに、ほかのポイントメイクを軽めにすることでメイク全体のバランスが取れるようになります。それではハンサム眉の描き方を見ていきましょう。

ポイント1 タッチをつけて大胆に描く

眉は塗りつぶすように描いたり、細かく繊細に描くのではなく、毛を1本1本足すようなイメージで、しっかりとタッチをつけてラフに描いていくのがコツです。

ポイント2 眉頭はスクエアを意識する

眉頭はスクエア気味に描くことでよりキリっとしたイメージに近づけます。毛を立てるように上に向かって描くのもポイント。さらに、黒目の上の眉を一番濃く描き、眉尻は毛流れにそって自然になるように描き足していきます。こうすることで立体感が増し、のっぺりとした眉になるのを避けられます。

ポイント3 透明マスカラで立体感をさらにアップ

眉を描き終えたら、眉毛を立体的に見せるために、透明マスカラで毛流れを整えます。眉頭の毛は上に持ち上げるように整え、ほかの部分は毛流れにそってなぞるようにして整えましょう。

眉が変わると、顔の印象もガラッと変化するもの。「ハンサム男眉」でトレンド顔に変身しましょう。

Photo: 鈴木花美

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

伊藤礼子

伊藤礼子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、国内外コレクションなどでも多岐にわたり活動。現在、メーキャップブランド「ベネフィーク」では、カラークリエーションなど商品開発も担当。セミナー、ヘアメーキャップスクールSABFAの講師もつとめる。2006年HAIR MODE最優秀年間賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/ito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。