コスメ

目指せマスク美人!眉&チーク、下地で叶う?花粉症の季節もあきらめないメーク術

目指せマスク美人!眉&チーク、下地で叶う?花粉症の季節もあきらめないメーク術

ショーウィンドウやコスメカウンターに春の新作が並び始めるこの季節は、なんだか気分もウキウキ? でも、それと同時に鼻がムズムズ、目や肌までもがかゆ~い...過酷な「花粉シーズン」に戦々恐々な女子もきっと多いはず。そこで今回は、花粉シーズンでも美人になれちゃうメークテクニックを、資生堂で敏感肌に詳しい兼井聡子さんにお聞きしました! マスクをしていても、春爛漫気分を楽しめるメーク術を早速マスターしましょう♪

【STEP1】 どんより顔からハッピーフェイスに変身するコツは眉&チーク?

マスク美人=目もとメークと思いがちですが、この季節はまぶたが腫れぼったくなったり、涙が出やすかったりと目の周りに負担がかかりがち。ウオータープルーフのマスカラやアイラインでにじみ対策をしたり、無理せずにアイメークをスキップするのもひとつの方法です。そこで、ぜひ注力して欲しいのが眉メーク! マスクで顔を覆っていても、眉をしっかり描くだけでイキイキとした表情を作れるのだとか。
「ペンシルで眉山から眉尻に向かって仕上げた後、眉毛の足りない部分にパウダーをふんわり足すと、トレンドのナチュラルな太眉が完成。この方法は化粧持ちもアップするので、うっかりこすってしまいがちな花粉シーズンでも安心です。最後に眉マスカラを使って毛流れを整えれば、立体感と存在感が生まれて表情豊かな印象になりますよ!」

そして、マスクをしているからといってチークを省くのはもったいない! と語る、兼井さん。大切なのはその位置なんだそう。
「美人度を格上げするためにもチークはマスト。マスクで隠れないよう、通常よりもやや頬の高い位置の外側にのせましょう。マスクから少し見える位置につけるとフェミニンな印象がアップしますよ!」

【STEP2】 直接肌に花粉をつけさせない! ベースメークが最大のカギ

花粉シーズン最大のメーク悩みは、なんといってもベースメーク。ファンデーションがヨレてしまったり、マスクに付着したりするのが気になる場合、どのようにするのが正解なのでしょうか?
「下地には、マスクの隙間から侵入した花粉が直接肌に付着することを防いでくれる役割も。従って、ヨレてしまうからといって何もつけない...というのは考えもの。下地をつけないでいると、赤みやかゆみなどの肌あれ症状が出てしまうこともあるので要注意です」

下地って、想像以上に花粉症の肌づくりに影響があるんですね! では、そんな敏感状態の肌を上手に仕上げるベースメークのテクニックをおしえてもらえますか?
「つけ方のポイントは、デリケートな肌を刺激しないよう、指の腹の柔らかいところや手のひら全体を使って包みこむようやさしく伸ばし、肌の状態を整えること。マスクをしたときのベースメークは、化粧くずれを目立たせないナチュラルメークが基本。白ベースの下地とおしろいで仕上げるのがベストです。やわらかな質感に仕上げた肌には、先ほど紹介した眉×チークメークも映えますよ!」

マスクでも崩れないベースメークには、敏感な素肌をケアしつつ、花粉から肌を守る下地が効果的。そんな時に活躍するのが、「dプログラム アレルバリア エッセンス」。花粉をはじめとするトラブル要因を寄せ付けないアレルバリアテクノロジーを採用し、過酷な環境にさらされる日中の肌をやさしく保護してくれますよ♪

編集部が「dプログラム アレルバリア エッセンス」を実際に使ってみました!

気になる花粉やちりなどの微粒子の汚れから肌を守ってくれるのが何よりうれしい美容液! すっと溶け込むような白ベースで、マスクに色味が付着する心配がないのがとってもストレスフリー? なめらかでさらっと肌にフィットするテクスチャーは、均一になじむので下地としての機能もバッチリ! これならファンデーションを使わなくても、おしろいを重ねるだけで十分ベースメークを完成できそう。SPF40・PA+++と紫外線対策も抜かりなくて、日焼け止めがピリピリ感じがちな人にも試してもらいたいアイテムです。

気分も高まる春だからこそ、美肌を諦めるのはもったいない! 優秀な下地を味方につけて、快適に春メークを楽しみましょう。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。