コスメ

「あれ?肌キレイになってない?」と言われる♡プロ直伝の『点』&『面』美容

「あれ?肌キレイになってない?」と言われる♡プロ直伝の『点』&『面』美容

日やけが気になる春夏は徹底していた美白ケア、最近はちょっとサボり気味という女子のみなさんも多いかもしれません。でも、肌が乾燥しやすい冬はシミやくすみが悪化しやすいシーズン!! 美容家の小林ひろ美さんによると、冬に美白ケアを続けるかどうかが、凛とした透明素肌を作れるかの分かれ道になるのだそうです。

美白ケアの前に、まずは肌の乾燥をリセット!!

「シワ」「たるみ」「毛穴の開き」だけでなく「シミ」「くすみ」の原因も乾燥が関わっていると知っていましたか? 夏のダメージが蓄積している肌を、この秋冬のシーズンに乾燥させたままにしてしまうと、夏の間に生まれたシミやくすみが取り返しのつかない状態に陥ってしまうかもしれません。一方で、秋冬も美白ケアは欠かしていないのにイマイチ効かない...というアナタ! それも肌の乾燥が原因かも!?

シミやくすみが目立たない美肌を手に入れるためには、まずはしっかり保湿で夏~秋にかけての肌ダメージを徹底的にリセットすることがマスト。乾燥した肌だと、美白アイテムもパワーを充分に発揮することができないのです!!

★美白度をUPさせるうるおい美肌を目指すためには...
・スキンケアをさっぱりタイプからしっとりタイプにチェンジ!
・乳液など肌にフタをするアイテムを使って、肌にうるおいを閉じ込めて

「夏の間にちゃんとUVケアしたからシミもくすみも気にならないわ♪」という女子たちも油断は禁物! 夏の間に蓄積された紫外線ダメージは、今も肌の奥に潜んでいます。肌の内側のメラニンを活性化させないためには、冬も美白ケアの継続を!! 紫外線の影響が少ない今こそ先回りして美白をチャージしておくのが、透明度の高い肌を手に入れる近道なのです。

美白ケアアイテムは「点」と「面」で使い分ける

とはいえ美白アイテムはたくさんありすぎて何をどう使ったらいいのかわからないという人も多いかも。そんな時は、シミなどの「点」をケアしたいのか、くすみなどの顔全体=「面」をケアしたいのかを見極めて、自分が"なりたい"肌を目指していきましょう。

HOW TO

  • シミなど気になる「点」をケアしたい!!
  • ・小さくカットしたコットンに美白美容液を含ませ、気になる部分にテープで止めて一晩置く。うるおいを肌に届け続けることができます。
    ・コットンをさっと湯通しして軽く絞り、気になる部分に30秒~1分程のせる。コットンを剥がしたら、氷で冷やす。これを3回ほど繰り返す。
    • 顔全体のくすみなど「面」をケアしたい!!
    • ・化粧水を顔全体になじませるときに、「ゴミポケット」と呼ばれるリンパ節に老廃物を流すイメージでマッサージ。このとき、顔を強くこすりすぎないように注意!

    シミもくすみもどちらも気になる...という時は、まずは「点」のケアを。その後で「面」のケアをプラスしていくといいですよ。

    同じアイテムでも効率よく使えば、肌は「かけ算式」にどんどんキレイになっていくもの。保湿ケアに重点を置きがちな冬こそ、美白ケアをプラスして、一年中輝く素肌を手に入れちゃいましょう♪



    お話を伺ったのは...
    美容家・小林ひろ美さん
    美・ファイン研究所を主宰し、またリバイタライズサロン「クリーム」のディレクターを務める。トータルな視点から心地よいライフスタイルを提案。特に納得の理論と簡単で効果的な美容法は多くの女性の支持を集め、テレビや雑誌を中心に活躍中。

    photo : Thinkstock
    ●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。