コスメ

めざせ目もと美人! 黄金比率を叶える正しいマスカラの塗り方とは?

めざせ目もと美人! 黄金比率を叶える正しいマスカラの塗り方とは?

普段何気なく塗りがちなマスカラですが、実は目の形を美しく見せたり、顔の印象を華やかにしてくれたりと頼もしい存在なんです! 今回はそんなマスカラの正しい塗り方をレッスン。さらに、目の黄金比率に近づけるコツ"もご紹介します。顔の印象を左右するマスカラテクを学んで、こっそり周りに差をつけちゃいましょ♪

知ってる? 美人度アップな目の黄金比率って?
多くの人が美しいと感じる目幅のバランス、その黄金比率は「タテ幅1:横幅3」と言われています。つまり、その比率に近づけることで、グッと印象的な目もとになれるんです! マスカラを使って足りない横幅を広げることで、黄金比率に近づくことが可能です。

まずは、意外と知らないマスカラの正しい塗り方から見ていきましょう。

<マスカラの正しい塗り方>
1. 鏡を顔に近づけて持ち、アゴを上げて目線を下に落とす。(まつ毛の根もとが見えるので塗りやすくなるよ!)
2. マスカラを、まつ毛の根元から毛先に向けて押し上げるようにつけ、左右にジグザグと小刻みに動かして液をまつ毛全体になじませる。
3. ブラシをまつ毛に1~2秒固定して液を溜め、毛先に向かってブラシを抜く。

そして、ここからが目の黄金比率に近づくコツ! 下の写真のように、マスカラを目尻のみ塗り重ねることで、目の横幅が広がったように見え、印象的な目もとを演出します。

<目の黄金比率に近づけるテクニック>
4.正しい塗り方でマスカラを全体に塗ったあと、最後に目尻のみ重ね付けする。

01.jpg (POINT:目尻に長さが出るように斜め上にブラシを付けるイメージで行う)

☆プラス1テク
正しいマスカラの塗り方と印象的な目もとの作り方を学んだら、トレンドに挑戦してみるのはいかが? 最近は、「ビューラー頑張りました!」感の強い、超上向きまつげはNG! 素まつげが元からカールしているような、自然なカールをめざして。ここでは、そんなナチュラルカールまつ毛をビューラーなしで作る方法を伝授しちゃいます♪

<ナチュラルカールまつげを作るコツ>
マスカラの正しい塗り方2の際に、まつ毛の根もとにマスカラをあてて3秒ほどキープ。その後ゆっくりとブラシを上に上げる。
02-thumb-572xauto-73.jpg(POINT:こうすることで、自然なカールができるだけでなく、カールを長持ちさせる効果もあり♪)

 目もとは顔の中で最も目立つパーツ。美人度アップなマスカラテクを使えば、この春の新しい出会いでも存在感をバッチリ残せちゃうはずですよ♪

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。