フード・グルメ

身体を温めるだけじゃない! 「甘酒」のさまざまな効果

身体を温めるだけじゃない! 「甘酒」のさまざまな効果

 寒さもいよいよ本格化してきて、温かい飲み物が身体にうれしいこの時季。とくに、お正月に神社などで振る舞われる甘酒に、ホッとくつろいだ気分になったことのある人も多いのではないでしょうか?

“ジャパニーズヨーグルト”と言われる甘酒は麹・米・塩を原料にした発酵食品。発酵食品は、摂取するだけで代謝を促して体を温める効果があります。その効果は、“ポカポカ食材”と言われてきた唐辛子や生姜よりも高いといいます。甘酒のポカポカパワー恐るべしですね!

 また、甘酒には“飲む点滴”という別名も。ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、アミノ酸、ブドウ糖が含まれています。とくに、皮ふや粘膜を保護し、ビタミンCの吸収率をアップさせる効果もあるビタミンB2が多いのが特徴。美肌づくりに、とても頼もしい成分です。

 ほかにも、甘酒には整腸作用、血圧安定、疲労回復などさまざまな効果があると言われています。さらに肥満抑制の働きがあるとも。食事などで取り入れた栄養素を生活エネルギーに変えて消費することを代謝と言いますが、甘酒には代謝を助けるビタミンB群やアミノ酸が豊富なため、このような働きがあるそうです。

 美容と健康に、うれしいことづくしの甘酒。伝統的な製法でつくられた甘酒は、米のデンプンを糖化させることによって生まれる天然の甘みを活かしているため、ノンシュガーです。また、製法にもよりますがアルコールは含まれていないか、含まれていてもきわめて低い度数なので安心なんだとか。

 冬の夜長に、甘いものが欲しくなったり、ちょっぴりお酒が飲みたくなったりしたら、代わりに甘酒をいただいてみるのはいかがでしょうか? 同時に美容効果も期待できるうれしい飲み物です。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。