ヘルスケア・ダイエット

夜型でも睡眠美容はできる!美肌のカギは「寝入りばな」!

夜型でも睡眠美容はできる!美肌のカギは「寝入りばな」!

寝苦しい季節が終わり、ぐっすりと快眠できるようになりましたね♪ 睡眠が美容と深い関係にあるのは、よく知られた話。「じゃあ、明日はとことん寝よう!」と思った人、ちょっと待って! 睡眠で美容効果を得ようと思ったら、ただ「眠ればいい」というわけではないんです。

寝るだけでキレイ♪ のヒミツは、成長ホルモンにあった!

そもそも、なぜ眠るだけでキレイになれるのかと言うと、眠っている間に美肌を育む成長ホルモンが分泌されるからなんです。成長ホルモンは、皮ふの細胞分裂や再生を促進するので、睡眠をとることでたくさん分泌されれば、自然と美肌になれる、というわけ。

夜型でも睡眠美容はできる! 大事なのは〈良質な睡眠〉

では、たくさん眠れば、その分成長ホルモンが分泌されるのか、というと、それは間違い。美肌を得たいのならば、睡眠の時間ではなく、質を高めることが大事なんです。「夜型はよくない」などとよく言われますが、じつは睡眠の質を決めるのは、時間帯ではなく、生活のリズム。早寝早起き型、夜更かし型のいずれでも、その人なりの規則的な生活のリズムに合わせて、体温が下降していく(つまり、眠気を感じる)タイミングで眠れるようにすれば、良質な眠りを得ることができるんです!

成長ホルモンがもっとも分泌されるのは〈寝入りばな〉!

生活のリズムと合った良質な睡眠がとれれば、美肌のカギ・成長ホルモンも効果的に分泌されます。とくに、眠りに落ちてすぐのタイミングから、3~4時間の間は、1日のうちでももっとも成長ホルモンが分泌されるのだとか。

つまり、睡眠でキレイになるためには、夜型でもいいので「質のよい睡眠」がとれていること、「寝入りばな」から3~4時間はぐっすりと眠ること。この2つが大事なんです。

ちなみに、寝入りばなに成長ホルモンによって皮ふの再生活動が盛んになるということは、寝る前の肌のお手入れも重要、ということ! うっかり化粧を落とさずに寝てしまう...なんてことのないよう、ご注意を!

【参照】資生堂「Beauty Info

【関連記事】
睡眠時間が足りない...その悩み解決! 正しい「寝だめ」の方法教えます
女子の大敵!「睡眠不足」を改善する意外な方法
睡眠不足は食欲増進の原因? スリープマスターが解説する「睡眠と身体の関係」

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。