ヘルスケア・ダイエット

「蕎麦=ヘルシー」とは限らない?ダイエット中は〇〇色の蕎麦を選ぶのが正解!

「蕎麦=ヘルシー」とは限らない?ダイエット中は〇〇色の蕎麦を選ぶのが正解!

ヘルシーな炭水化物として人気の「お蕎麦」。"お蕎麦は太らない"という漠然としたイメージから、ダイエット中は積極的に食べているという方も多いのではないでしょうか? しかし、実は「お蕎麦」にも様々な種類があり、その選び方を間違えると痩せるどころか太りやすくなることもあるのです!

お蕎麦の種類は1つじゃない!

お蕎麦は蕎麦の実を挽いた蕎麦粉につなぎを加えて作られますが、それら原料や製法によって様々な種類が存在します。そして、種類によって「太りにくいレベル」も異なるのです。

チェックポイント① 蕎麦粉の違い

まずは蕎麦粉の違いをチェックしましょう♪ 見分けるポイントは、お蕎麦の色。更科蕎麦のように白くて細い蕎麦は、蕎麦の実の中心部を挽いた蕎麦粉。お米でいうと白米のようなイメージで、中心部のデンプン(糖質)のみを残して作られたお蕎麦です。

対して田舎蕎麦のように黒くて艶っぽい蕎麦は、蕎麦の実を果皮から挽いた蕎麦粉。お米でいうと玄米のようなイメージで、周りの皮に含まれた栄養(ビタミン・ミネラル・食物繊維・タンパク質)も一緒に摂取することができます。

チェックポイント② つなぎの量

続いて、つなぎの量をチェックしましょう♪ お蕎麦には、モチモチとした食感を出すために小麦粉や卵、山芋などをつなぎとして蕎麦粉に加えているお蕎麦があります。見分けるポイントは、その名前!

例えば「二八蕎麦」は、つなぎ:蕎麦粉=2:8の割合。 「十割蕎麦」は、その名の通りつなぎ:蕎麦粉=0:10の割合で作られています。蕎麦粉の量が3割以上あれば「蕎麦」として認められるので、実はつなぎ:蕎麦=7:3のお蕎麦もあるんですよ! 

太りにくいのは更科蕎麦よりも田舎蕎麦、二八蕎麦よりも十割蕎麦!

どのお蕎麦にもそれぞれ香りや味わい、喉ごしや食感など異なる魅力があります。しかし、ダイエット中に食べるのなら太りにくいお蕎麦を選びたいですね。

そこで注目したいのが、ご紹介した「蕎麦粉の種類」と「つなぎの量」! 例えば、デンプン(糖質)のみで作られた更科蕎麦よりも、豊富な栄養を含んでいる田舎蕎麦の方が糖質代謝が促進されて脂肪になりづらくなります。また、つなぎに小麦粉を加えている二八蕎麦よりも、蕎麦粉のみで作られた十割蕎麦の方がGI値が低く、太りづらいお蕎麦です。

GI値とは血糖値の上昇率を表した数字で、低ければ低いほど脂肪がつきにくい食べ物ということになります。そもそも"お蕎麦がヘルシー"と言われる理由はGI値が低く栄養価が高いから。つなぎに小麦粉を多く加えていたり、使用している蕎麦粉の栄養価が少なければ、ダイエットに向かないこともあるのです。

「お蕎麦」と言っても、その原料や製法によって太りやすさのレベルに違いがあるなんて驚きですよね。ぜひ太りにくいお蕎麦をチョイスして、健康的なダイエットに役立ててくださいね。

お話を伺ったのは...
ダイエットアドバイザー/フードアナリスト/料理研究家の平林玲美さん

●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。