スキルアップ・マナー

集中力のリミットは14:55まで!?効率よく仕事をする秘訣

集中力のリミットは14:55まで!?効率よく仕事をする秘訣

仕事をしていると、集中できる時間とできない時間に差があったりしませんか? 寝不足なのか、体調が悪いのか...。果たしてその理由は何なのでしょう。

効率が落ちる時間は、14時55分

健康サイト「Top Sante」によると、1日のうちで一番仕事の効率が落ちるのは、「14時55分」なのだそう。これは、400人のサラリーマンに、「いちばんモチベーションが低いと感じる時間帯は何時頃か?」というアンケートをとったところ、「14時55分」頃の時間帯に答えが集中しました。この時間になると、コーヒーを飲みに席を立ったり、同僚との私語が増え、仕事にとりかかるのが億劫に感じられるという傾向があることがわかっています。

これは「日中に終わらせるべき今の仕事のことよりも、仕事後のことを考える傾向にあるから」というのが主な理由。マラソンの最中に、「あと何キロ走らないと......」と考えた途端、モチベーションが下がってしまうのと似ています。日中の仕事にも、同様のことが言えるのでしょう。

1時間集中しきったら、気分転換を

一方、別の研究結果によると、「どんなにやる気がある人でも、1時間集中しきったら、その後の2時間は同じような集中力を維持できなくなる」ということもわかりました。
集中力が落ちたな、と感じたら、オープンスペースをササッと散歩してみたり、お茶を用意して飲んだりと、気分転換をはかってみるのが良さそうです。14時55分になったら、デスクにへばりつき、やる気がよみがえるのを待つのではなく、思い切って離れてみることがおすすめです。

[Top Sante]
(下野真緒)

[カフェグローブより]

 集中力の低下は、やる気のない時間は、誰にでも起きていること。きちんと気分転換をしてメリハリをつけるのがポイントです。自分のペースをつかんで、常に集中できるコンディションを整えましょう!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。