トレンド・ライフスタイル

コツをつかめば意外と簡単!失敗しないワントーンコーデの法則

コツをつかめば意外と簡単!失敗しないワントーンコーデの法則

だんだんと暖かくなり、最近はすっかり重ね着しなくてもOKな気候になりましたね。そんな時季だからこそ、スプリングコートの下は毎日トップス1枚+ボトムス1枚のワンツーコーデばかりという人も多いのではないでしょうか? 単品コーデでも「抜群にオシャレ!」な印象を作れるのが、本日取り上げるワントーンコーデ。「やってみたいけど、難しそう.....」となかなか踏み切れない人のために、絶対に失敗しない3つの着こなしテクをご紹介します。

①メリハリを作りやすい「デニムonデニム」


デニムは、一つひとつ表情が違うもの。だから、難しく考えなくても組み合わせるだけでメリハリが生まれます。写真の彼女のように、トップスはノンダメージのキレイめシャツを、ボトムスはカジュアルにクラッシュ加工をと上下で変化をつけるのも良いですね。

②異素材をMIXさせる「ベージュ系コーデ」


春らしいピンクのニットに、ピンクベージュのパンツを合わせて同系色でまとめたコーデ。パンツは光沢感のある素材のものを選んでいるので、ワントーンでまとめてもメリハリある印象に。ベージュ系は肌に馴染む色だけに着こなしが難しい色。ですが、ベージュのなかでもピンク寄りや黄味がかった色などトーンを変えると、全体にコントラストが生まれます。

③肌を締めの色として使う「ALL白コーデ」


シャツベースのオールインワンをさらりと1枚で着こなしたスタイリング。こちらの場合は、脚や腕、襟まわりの大胆な肌見せで白を引き締めているのがポイント! これからは夏にかけて、肌を見せる分量がグッと多くなる季節。肌色の存在を活用するのも1つのアイデアです。

ワントーンコーデは、スタイルよく見えるようメリハリを意識すると、必ず成功します。明るい色のアイテムがどんどんリリースされる春夏こそ、ぜひトライしてみてくださいね。

photo/Naoko Takagi  coordinate/Hiromi Yamada

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

昼田祥子

昼田祥子

ファッションエディター

大学卒業後、編集プロダクションを経て出版社に転職。その後、幻冬舎「GINGER」の編集に携わったのちフリーランスに。現在は女性誌を中心に、企画・編集・執筆などを行う。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。