トレンド・ライフスタイル

ペンで描いて温めるだけ!ギフトにもぴったりなオリジナル食器

ペンで描いて温めるだけ!ギフトにもぴったりなオリジナル食器

日常の中で、食事の時間ってすごく大事ですよね。忙しかったり悩んでいることがあったりしても、おいしいごはんを食べている時だけは心がホッと和むような気がします。そんな大事なごはんタイムをもっと豊かにしてくれるのが「器」の存在。何を食べるかも重要ですが、何で食べるかも同じくらい重要。好きなブランドや海外物もいいですが、中には「自分で器を作ってみたい!」という人もいるのではないでしょうか? とはいえ、土から陶食器を作るというのは至難の技。そこで今回は、簡単に作れて失敗しにくい(そしてかわいい!)オリジナル食器の作り方をご紹介します。

使用する材料

  • おえかきペン
  • 無地のお皿

※今回使用したのは、無印良品の「おえかきペン・陶磁器用5本セット」。オーブンで焼くだけで、簡単に絵付けができる便利なアイテムです。お値段も1,000円以下とリーズナブル!

作り方

  1. 絵を描くお皿を、乾いた布巾でキレイに拭きます。
  2. お皿に絵を描いて、乾くまで少し待ちます。
  3. 230度に温めたオーブンで20分間お皿を焼けばできあがり。

無地の食器は無印良品や100円ショップで購入できます。最初は練習用に安いもので試してみるのがオススメ。また、お子さまと一緒に作る際は、汚れてもいいように描く前にエプロンを着せてあげましょう。子供たちの絵をお皿にしたり、友人のお誕生日にみんなでメッセージを描いたり。ケーキを食べ終わった後にお皿から「誕生日おめでとう!」なんてメッセージが現れたりしたら、とっても素敵ですよね。日頃の感謝の気持ちを手作りの品で届ける。そして一緒にそのお皿で楽しくごはんを食べる。そんな素敵な時間を、あなたも過ごしてみませんか?

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●●掲載された記事の内容は記事執筆時点の情報に基づきます。

兎村彩野

兎村彩野

クリイティブディレクター

森と人と街をカワイイで繋げるをテーマに新しいアウトドアスタイルを提案する「メルヘンキャンプ」主宰。2011年に著書『ガールズキャンプのはじめ方』を出版、2012年に「レギュレーターストーブ メルヘンモデル」の商品開発を手掛けたりと活動は多岐に渡る。また近年では、編み物や手芸のワークショップ「メルヘン手芸部」や料理教室「メルヘンクック教室」も展開中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。