トレンド・ライフスタイル

早起きは美肌への近道!これならできる、目覚めすっきりのコツ

早起きは美肌への近道!これならできる、目覚めすっきりのコツ

日に日に寒さも増し、朝起きるのが辛い...そんな方も多いのではないでしょうか? でも、気持ちよく早起きができると、1日の効率がアップするだけではなく、美容にも効果があると言われています。
とはいえ、早起きは苦手という方に、どうしたら気持ちよく目覚められるのか、その秘訣をお伝えします!

お目覚めアロマで優雅な朝を

アロマの爽やかな香りを嗅ぐと、気持ちのよい目覚めを得られます。
朝の目覚めには、レモン、ペパーミント、ローズマリー、ユーカリなどの香りが効果的です。特に、ローズマリーは二日酔い防止にも効果的なので、お酒を飲んだ翌朝にもオススメですよ。アロマポットを使う方法以外にも、ハーブティーを飲んでもいいでしょう。

すっきりと目覚めるための朝のオススメ儀式

どうしても眠気が取れないときは、まずは大きく伸びをしましょう。それから、冷蔵庫で冷やしておいたタオルを首筋に当ててみましょう。冬は、水道水で絞ったタオルでも構いません。それだけで、一気に目がパッチリするのでオススメです。
その後は、少し熱めのシャワーを浴びましょう。睡眠中は冬であってもコップ1杯程度の汗をかくと言われています。シャワーで汗を流すことですっきりしますし、熱めのお湯によって交感神経が活性化され、やる気&活動モードにスイッチが切り替わるのです。

早起きは美肌や良質な睡眠に繋がる!

朝、余裕を持って目覚めると、出かける準備はもちろん、トイレタイムもきちんと取ることができます。便秘は肌あれや不調の原因。早起きをして、毎朝トイレタイムを取ることは美への近道になりますよ。

また、朝早く目覚めて日光を浴びると、幸せホルモンのセロトニンを活性化させることができます。時間があれば、一駅だけでも歩いてみるといいですね。朝のセロトニンが、夜には睡眠ホルモンになり、美肌にも関わるメラトニンへと変わりますので、朝、セロトニンを活性化させることは、美容にも大変よいのです。

辛いと思いがちな早起きですが、朝、少しでも時間にゆとりが持てると、1日のワークイメージや丁寧なスキンケアの時間にあてることもできます。すっきり目覚めて1日を効率よく過ごせる、そんな理想のサイクルに、少しずつ変えてみませんか。

【関連記事】
太もも&手首・足首・首・くびれ!全身の冷えをソッコー解消する温めポイント
女子の大敵=冷えには生姜!上手に取り入れて冷え対策!!

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

中嶌歩見

中嶌歩見

ファスティングコンシェルジュ

1977年大阪府出身。美容業界、ブライダル業界に長く従事し、2008年より東京青山にて美と健康を追求する自然派サロンをオープン。施術だけではなく、安全な食材の販売や無農薬の野菜宅配システムを構築し、オンラインショップもプロデュース。 またインナービューティー、代替医療、ファスティングについても専門的に学び、2010年に日本ファスティングコンシェルジュ協会を設立。会長兼メイン講師として全国で認定資格講座や講演を行っている。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。