トレンド・ライフスタイル

え、静電気で肌あれに?絶対にパチッとしないための対策法3つ

え、静電気で肌あれに?絶対にパチッとしないための対策法3つ

朝晩の冷え込みが進むこの時期、ドアノブに触ったとたんに、パチンッ! 指先に静電気が走った経験って、誰にでもありますよね。そうです、冬の乾燥する季節は静電気との戦いの季節でもあるのです。
そこで今回は、『渋谷イーストクリニック』の平井隆院長に、静電気の防止法についてお話を聞きました。

「少し難しい話になりますが、人の身体は微量の電気を常に蓄えています。その電気を生活の中で放出しながら、ある一定量を保っている状態を『帯電(たいでん)』といいます。ですが、空気が乾燥したり皮ふが乾燥したりすることで、身体に蓄えている電気が自然に放出されにくい状態になってしまうと、身体に帯電した電流が一気に放出されることがあります。これが『静電気』が起きる理由です」

静電気が起こるとこんなダメージも!

「静電気が起きると、空気中のさまざまな異物を皮ふに付着させて皮ふ炎を起こす原因となります」と平井院長。えー! 痛い思いをした上、皮ふ炎の可能性も!? これは絶対に阻止しなければなりません。...となると、その静電気を事前に防ぐことが重要ですね。

1.大切なのは保湿

「肌が常に充分保湿されている状態を心がけましょう。保湿に効果的なワセリンはオススメです。最近はべとつかないタイプもあるので活用してみてください」
静電気を防ぐだけでなく、美しい手を保つのにも役立つワセリンは冬のマストアイテム。オフィスにもバッグにも常備しておきたい、冬の必需品かもしれません。

2.全身にふわっと使えるミスト

「ウォーターミストを活用することで、静電気防止ができます。肌はもとより頭髪、衣服、靴に使用すると効果的ですよ」
静電気が起きやすい頭皮や、身につけているものに軽くスプレーをすることで、その空間にうるおいが広がります。好みのフレグランスウォーターを使えば、ふんわりと良い香りに包まれて、幸せな気持ちになれそう? 指先だけでなく、全身に水分を与えるという方法は目からウロコ。霧吹きを生活に取り入れてみましょう。

3.手洗いをしよう!

「蛇口から出る水道水で手を洗うことで静電気防止ができます。乾燥したオフィスなどではインフルエンザ予防も兼ねられますから、手洗い励行をオススメします」
手を洗うことで静電気が防止できるなんて、とっても手軽! 乾燥すると風邪の流行にも拍車がかかるので、手洗いを心がければ病気予防と静電気予防の一石二鳥に♪

今年の冬は、静電気の「パチン!」を避けて、快適なうるおい生活を送りましょうね☆

お話をうかがったのは...
渋谷イースト・クリニック院長 平井隆先生
住所:東京都渋谷区渋谷1-14-14 TK渋谷東口ビル6F

【関連記事】
カサカサはモテ女子の敵!パーツ別乾燥対策まとめ

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。