トレンド・ライフスタイル

ポイントは「ねじり&崩し」!伸ばしかけヘアのこなれアレンジ

ポイントは「ねじり&崩し」!伸ばしかけヘアのこなれアレンジ

伸ばしかけで中途半端な長さの髪って扱いに困りますよね。ダウンスタイルだとハネたり広がったりするし、まとめようにも上手く決まらなかったり...。そんな悩める伸ばしかけの状態を、かわいく乗り切れるヘアアレンジをご紹介します! とっても簡単なので、不器用でアレンジが苦手、という人でも安心してチャレンジできますよ。

1. サイドの髪を残して、簡易お団子を作る

最初に、ワックスなどのスタイリング剤を全体に軽くつけておきます。
サイドの髪(耳の前あたり、片方でも両方でもOK)を残して、その他の髪を後ろでひとつに束ね(写真①)、毛先をゴムでくるっと留めて、簡易のお団子を作ります(写真②)。お団子でまとめた毛先は、出してもださなくてもOK。このとき、飾りのついたゴムを使うと、ワンポイントにもなるのでオススメ。

2. ゴムの根もとを押さえながら、後頭部の髪を引き出す

ゴムの根もとを軽く押さえながら、後頭部の毛をつまんで少し引き出すことで、頭の形がきれいに見え、断然、こなれたお団子になりすよ。

3. サイドの髪をねじってから、少し崩す

残しておいたサイドの髪をねじり、指で少しずつ髪を引き出して、ねじりに崩しを入れます。ねじることで、サイドの毛が短くて後ろでまとめにくい人も、きれいにまとめられます!

「ねじり」と「崩し」でこなれ感がグンとアップ♡

伸ばしかけの時に気になるのが「髪の長さが足りず、きつく縛りすぎてしまう」という点。「伸ばしかけでこなれ感を出すのって難しい!」という人にオススメなのが、アレンジに「ねじり」や「崩し」を少しプラスする方法。ちょっと崩したり、ねじりを加えたりするだけで一気にこなれ感が出るので、お試しあれ。

4.ねじった髪をピンでとめて完成!

ねじった髪をゴムの結び目に下から巻きつけ、ピンで留めて固定したら完成!

全体的にゆるっとした抜け感があって、とってもかわいい! しっかりと作りこまないお団子と、ところどころに入れた、あえての「崩し」で、こなれ感のあるオシャレなまとめ髪になりました。耳の上をあえてきつくまとめずに、ゆったりと耳にかかるくらいでまとめると、さらにこなれ感がアップするのでオススメです。
最後に軽くスプレーなどで仕上げれば、ゆるふわっとしたスタイルも長時間キープできます。ぜひ明日からのアレンジに取り入れてみてくださいね♪

【関連記事】
くるりんぱ×サイド寄せでかわいさ満点♡愛されハーフアップ
三つ編み&とめるだけ!超簡単パーティーヘア【写真解説付き】

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。