コラボ記事

研究者だからわかる、化粧水の効果を最大限に引き出す裏ワザ

研究者だからわかる、化粧水の効果を最大限に引き出す裏ワザ

うるおいのある美しい肌を手に入れるために重要な毎日のスキンケア。美容液や乳液、パックなどのスペシャルアイテムも大事だけど、実は、化粧水こそが美肌作りのベースなのだとか。そこで、スキンケアの研究者に効果を感じられる化粧水・乳液の使い方について教えてもらいました。

大事なのは「たっぷりと使い、ムラなくうるおいを届ける」こと

1.コットン使いで隅々までうるおす&角質の除去!

化粧水を手にとって顔につけると、ムラになってしまったり、使う量が少なくなってしまいがち。もちろん、化粧水によっては、手に取って使っても、きちんと肌の隅々までうるおすことができるものもありますが、手軽に、かつ素早くうるおしたいのなら、コットンを使うのがオススメです。

  • コットンに化粧水をたっぷりとしみこませ、顔全体を軽くたたくようにする
  • 拭き取るようにコットンをすべらせると、余分な角質を取り除く効果も!

2.手持ちのアイテム+コットンでできる贅沢うるおいケア

  1. コットンに乳液をしみこませて浸透させる
  2. 反対側に化粧水をたっぷりとしみこませる
  3. 化粧水をつけた面を肌にのせ、15分ほど置く

この、お手軽なのに、効果抜群のケア方法を教えてくれたのはスキンケアブランド「専科」研究員の渡邊裕子さん。

彼女によると、化粧水は「とにかくたっぷり、惜しみなく使うのがコツ」とのこと。化粧水の減りを気にしてちょっとずつ使っていたのでは、うるおい効果は半減してしまうとか。高品質ながらお手頃な価格がうれしい「専科」の化粧水なら、首やデコルテにいたるまで気兼ねなく使えるので、お肌へのうるおい効果を実感できそうです。

全身使いでカサつき知らずの「モテ美肌」に!

また、秋冬になると見落としてしまいがちなのが、ひじやひざのカサつき。「お呼ばれ用のノースリーブワンピを着たら、ひじがガサガサ...」「ひざやかかとのカサつきでストッキングが伝線...」なんていう笑えない事態になる前に、しっかりお手入れを。専科の化粧水と乳液は全身に使えるので、ボディ用を買い足さなくても大丈夫! 毎日のスキンケアで、「全身モテ美肌」を手に入れましょう♡

保湿クリームのうるおいを、独自の技術でみずみずしい化粧水にした「専科」の化粧水。朝晩のたっぷりスキンケアで、秋冬の乾燥に負けない美肌作り、始めてみませんか?

関連リンク:専科|あなたとつくるスキンケア

Main image:thinkstock

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。