エコの作法

京都の町屋で出会う、新感覚の和スイーツ 「UCHU wagashi」の世界

京都の町屋で出会う、新感覚の和スイーツ 「UCHU wagashi」の世界

一見、パズル?とも思える写真のカラフルな物体、なんだかわかりますか? なんと、日本の伝統的な干菓子、落雁(らくがん)なのです! 落雁とは、米や麦などの粉と和三盆糖を木型で抜き固めたもの。今までの落雁からは想像もつかなかった色合いと形が、とってもキュートですよね。これは、京都・西陣に店を構える「UCHU wagashi」という落雁専門店の一品。食べるのがもったいない、と思いながら口に入れると、「ふわぁっ」と上品な甘さが広がり、なんともやさしい口どけです。古い町家をそのまま生かした店舗も評判で、2010年12月のオープン以来、贈り物に喜ばれる京都土産として、注目を集めています。

注目なのは、デザインの発想です。例えば、先ほどのパズルのような、「drawing」という商品は、いろいろなピースを組み合わせて、想像をふくらませながら、好きな形をデザインすることができます。本来、伝統的な和菓子の多くは、自然や季節などをモチーフにして作られ、昔から「見て感じるお菓子」として、長く親しまれてきました。この「見て感じる」伝統を、新しい発想で和菓子に取り入れているのです。また、厳選された和三盆に、バニラやココア、フルーツやハーブを合わせるなど、独創的なフレーバーも魅力。素材にも「伝統」と「今」が融合しています。

店主の木本勝也さんは、もとグラフィックデザイナー。伝統や文化に関わる仕事をしたいと和菓子の勉強を始め、店の場所を探していたときに最初に出会ったのが築100年のこの町家でした。髪結いのおばあさんが暮した家だったそう。「ていねいに使われてきたことが伝わってきて、これは下手に改造するのではなく、なるべくそのままを生かして、大切に使い続けたいと思いました」。
京都の中でも長い歴史のある町、西陣は、茶の湯にもゆかりの深い町。最近は、由緒あるお茶の席に「UCHU wagashi」の落雁が使われることも増えたとか。長い歴史が育んだ「伝統」に「今」の息吹が吹き込まれた「古くて新しい」魅力は、多くの人の心に届くのですね。京都を訪れたらぜひ、その心地よい空間と、キュートな落雁の口どけを味わってみてください。

UCHU wagashi

京都市上京区猪熊通上立売下る藤木町786
Tel/Fax : 075-201-4933 営10:00~18:00 月曜日定休

BS朝日 エコの作法 毎週金曜よる10:00~10:54 放送中!

番組ホームページへ

京都の古民家

4月11日(金)「京都の古民家」

1200年の歴史を持つ古都・京都。多くの外国人の方が、古民家に住んでいます。カフェやレストランとして、宿泊施設として。いま様々な形で再利用され、その価値が見直されている古民家での、ゆったりした時間の過ごし方をご紹介します。

手紙

4月18日(金)「文(手紙)」

和紙に筆で手紙を書く。メール全盛の現在、改めて直筆の手紙の価値が見直されています。1600年から続く京都の老舗文具店・鳩居堂などを巡り、思いを伝える手段としての「手紙」の魅力を探ります。

※番組の内容は予告なく変更される場合があります

エアリーライム

ライター
エアリーライム

和の文化や暮し、手仕事に関わるコンテンツを発信する編集プロダクション。取材の中で出会った「和の手仕事」を世界に伝える、電子書籍のプロジェクト『Japanese Slow Craft』を展開中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。