プロの技

原因は「腸」にあり!?なかなか凹まない「ぽっこりお腹」を改善する方法

原因は「腸」にあり!?なかなか凹まない「ぽっこりお腹」を改善する方法

ついに夏本番! 装いもグッと軽やかになると、気になるのが「ぽっこりと出た下腹」。見た目にもだらしなさや老けた印象を与えるうえ、ファッションもお腹をカバーするデザインのものに偏ってしまいがち...。そう「ぽっこりお腹」はネガティブ要素がたっぷり! ダイエットを頑張っても、ここだけはなかなか凹まないという方も多いのでは? 多くの女性が抱える、この「ぽっこりお腹」を凹ませるコツをアユーラ ラボラトリーズの中村さんに伺ってきました。

Q)水着を着るために軽いダイエットを実践中です。体重はきちんと減っているのに、下腹だけは出たままで...。このぽっこりとしたお腹は、どうすれば凹ませることができるのでしょうか?

A)減量しても下腹が凹まない場合は、腸が本来の位置よりも下がっている「腸だるみ」が原因の可能性が...。その場合は腸を正しい位置に戻してあげることで、改善するケースが多いです。

「腸だるみ」って、どんな状態?

簡単に言うと、腸が本来の位置から下がってしまう状態のこと。胃で消化されなかった食べ物は腸へ流れ、腸の蠕動運動(シャクトリムシが動くように伸び縮みをする)によって先へ先へと進みます。この時、腸の動きが悪くなると、食べ物は前に進まずに滞ってしまいます。こういった腸内環境の悪化で、腸がまるごと下へ垂れていってしまうのが「腸だるみ」です。

あなたは大丈夫? 働く女子のライフスタイルは「腸だるみ」の危険がいっぱい!

「腸だるみ」の原因としてまず考えられるのが「腹筋や腸の筋肉低下」によるもの。これは、運動不足や加齢のほか、猫背になる人は要注意! 猫背は筋肉を弱めるだけではなく、内蔵も圧迫するとっても危険な姿勢です。脂肪や水が溜まりやすくなり、冷えも発生して腸がどんどん下に降りてしまいます。その結果、慢性的なぽっこりお腹を完成させることに...。

次に考えられるのが、不規則な生活やストレスによる「気血水の乱れ」。東洋医学では、内臓は気の力で支えられていて、ストレスを強く感じたり、疲れが溜まっていたりすると下に落ちてくると言われています。特に胃腸は、毎日の食事や呼吸などで体内に取り入れる「後天の気」の影響を受けやすい場所。しかも小腸は、睡眠中やリラックスした状態の時のみ働く副交感神経しか流れておらず、ストレスや緊張、乱れた食生活など、日々の生活のダメージをダイレクトに受けてしまうのが特徴。これらのダメージは「自立力(気)・代謝(水)・血行(血)」のめぐりを滞らせ、結果、腸機能が低下して正しい位置から下降してしまうことに...。

>>次ページ 原因がわかったら次に気になるのが、その改善方法!
ぽっこりお腹の原因「腸だるみ」を解消する方法とは?

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。
Invalid category filter: (編集部のピックアップ!)Invalid category filter: (編集部のピックアップ!)