プロの技

乾燥・シミ...気になる肌悩み別!レスキュー食材辞典

乾燥・シミ...気になる肌悩み別!レスキュー食材辞典

「そろそろ季節も変わり目、新しい服でも買おうかな♪」と思い始める時期ですが、オシャレの前に肌の乾燥を感じている人も多いのでは? ダメージを受けた肌は、外側からのお手入れはもちろん、内側からもケアしてあげると回復力がメキメキとアップするのだとか。そこで今回は、肌と身体の内側の美しさについて銀座医院で行われている「健康美容ドック」にてアドバイスを担当している資生堂ビューティー&ヘルスケアアドバイザーの中野 三津子さんに、肌ヂカラを高めるインナーケア方法を伺いました。

Q)
現在絶賛、肌メンテナンス中です。外側のケアはもちろん、食べ物にも気を使いたいのですが、カサつきや美白に効果的な食材はありますか?

A)
たんぱく質で土台を作り、肌悩みに合わせて食材を取り入れるのが基本です。
たんぱく質×美肌ビタミンで、肌の基礎力を高めましょう!

まず、皆さんに意識していただきたいのは、肌の基となる細胞を作っているのは「食事」だということ。肌の質を高めたいなら、良い食事をとって良い細胞を作ることが必要です。肌は手間をかけた分、それに応えてくれるもの。内側からも外側からも手間を惜しまないことがキレイへの近道です。

集中ケアを始める前に...食事の基礎をチェック!
肌を作る「たんぱく質」がちゃんととれていますか?

「肌はたんぱく質でできている」と知っている人もいると思いますが、みなさん一日どのぐらいのたんぱく質を食べていますか? というのも、「たんぱく質」こそ、肌を作る基礎となる重要な栄養素。肌のケアは、基礎が成り立ってこそ成分が生きてくるものなので「○○が肌に良い」とお伝えしても、基礎が乱れていたら意味がありません。

たんぱく質は、「乳・乳製品、卵、肉、魚、大豆・大豆製品」の5つのグループが主な食材。
成人女性が1日に必要なたんぱく質は約50gとされていて、それを摂取するには、以下の量を毎日の食事で取り入れることが大切です。

<一日に必要なたんぱく質量の目安>

  • 牛乳...200cc
  • 卵...1個
  • 肉...約70g
  • 魚...1切れ
  • 納豆...1パック

意外と量が多いと感じた方もいるのではないでしょうか? できれば肉などに偏らず、1食につき5つのグループの中から2つ摂ると不足せずにすみます。旬のものは栄養価が高いと言われているので、身体も肌も喜ぶし、心も豊かになりますよ。

>>次ページ たんぱく質と合わせて摂れば効果的!
乾燥、美白、くすみ...肌悩み別「美肌ビタミン」はコレ!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。