プロの技

ハイヒール女子必見!足の「アーチ崩れ」に要注意

ハイヒール女子必見!足の「アーチ崩れ」に要注意

芸術、食欲、紅葉...と楽しみがグッと増す秋到来! 週末は、予定に合わせたオシャレを楽しんで、休日をさらにエンジョイしたいですよね♪ そんな週末のお出かけにつき物なのが、靴のトラブル。特にヒールのある靴を履いて長時間歩いたり、おろしたての靴を履いたりしたときは、足の痛みを感じやすいもの。そこで今回は、フットケアの老舗「ドクター・ショール」に、足トラブルの防ぎ方を伺いました。

Q)この時期は、オシャレが楽しくて毎日いろいろなコーディネイトを楽しんでいます。特に、ヒールのある靴は足もキレイに見えるし、何足も持っています。でも、新しい靴を買うたびに、足が痛くなるんです...。これって、私の足の形が悪いからなのでしょうか?

A)それは、足に「アーチ崩れ」が起きている可能性が。足裏のアーチを正しく戻せば、足のお悩みもスッキリできるはず。

あなたの足は大丈夫!?「アーチ崩れ度」チェック

まず、みなさんご自分の足を触ってみてください。角質が硬くなっているところをチェックしてみましょう!

みなさん、足のどのあたりが気になりましたか? チェックが多い場所が「アーチ崩れ」を起こしている可能性が高いので、要注意!「そもそもアーチって何?」と感じた方も多いと思いますので、くわしく解説したいと思います。

靴の部分的なすり減りは、「アーチ崩れ」のサイン!

人間の足は、かかと、親指の付け根、小指の付け根の3点で分散して体重を支えています。その3点を結んで引き上げるように、ほど良い弓状になっているのが「アーチ」なんです。

  1. 内側の縦アーチ...かかとから親指の付け根にかかる部分
  2. 横アーチ...指の付け根から小指の付け根にかかる部分
  3. 外側の縦アーチ...指の付け根から踵にかかる部分

3つのアーチは、全身のバランス維持、歩行時の衝撃吸収、歩くときに重心移動をスムーズにさせる役割があります。このアーチが崩れることによって、それぞれの役割が果たせずに歩き方が変化し、足にトラブルを抱えてしまうことに...。「左のかかとだけ」など、靴の一部がすり減っている人は、アーチが崩れているサイン!
ちなみに、よくハイヒールを履く人は、「横アーチ崩れ」の可能性・大! ハイヒールは足に適したフォルムのものが少なく、ヒール靴を履くことで、自ずと本来の立ち姿の時よりも足の前部分に体重がかかります。そのため、横のアーチが一番崩れがちに...。指の付け根の下の角質が硬くなっていたら、横アーチが崩れているサインです。
横アーチが崩れている人は、この硬くなった部分をかばうように歩くため、本来なら力が掛からないところに掛かり、足が太くなる原因にも繋がります。また、足裏の角質ケアを怠ると、ヒールだこや、うおの目に進化して、さらにケアが大変になってしまうことも...。角質は足のニオイの原因にもなるので、厚みが増す前にケアしてあげましょう!

>>次ページ 女子の大敵「太い足」「むくみ」「足のニオイ」にさようなら!
いますぐできる足のアーチ復活テク

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。