プロの技

上司よりも気を遣うべき人がいる!?「愛され幹事」6つの鉄則

上司よりも気を遣うべき人がいる!?「愛され幹事」6つの鉄則

忘年会にクリスマスパーティー、新年会など、さまざまなシーンで「飲み会」が増えるこれからの時期。アラサー世代ともなると、幹事を任される機会も増えますよね。そこで今回は、コミュニケーション研究家の藤田尚弓さんに、「任せて良かった!」と思われる幹事必勝法をお伺いしました。「幹事になっちゃった~!」とお困りの女子は必見ですよ~♪

Q)会社の忘年会で幹事を頼まれました。初めてのことで、何からどう決めていくべきかわからなくて...。幹事を成功させるコツはあるのでしょうか?

A)「キーパーソン」の好みを探ることが、幹事成功の最重要ポイント!

「キーパーソン」とは、必ずしも上司ではありません!
職場の忘年会において、もっとも重要なのは「社内のキーパーソン」のNGポイントに触れていないかどうか。「キーパーソン」とは必ずしも上司ではなく、発言や行動に影響力を持っているムードメーカー的な人のこと(いわゆるお局さん、裏番長などと呼ばれる人)。まずはそのキーパーソンにお店の相談などもかねて、好みを探ってみると◎。「任せるよ~」と言われても鵜呑みにせず、その人の好みに合いそうなお店やメニューを選びましょう。ちなみに、)キーパーソンのオススメのお店そのものにすると、周りからゴマをすっているように見えるので気をつけて!

何かと大変なイメージがある幹事ですが、社内の勢力図や美味しいお店情報など、仕事をしていく上でも絶対に外せない情報がゲットできるので、自分のデータベースを増やす作業だと思って楽しんでみてください♪ お店のデータベースも、プライベートや今後の飲み会などにも役立つので、この機会に沢山インプットしてみてはどうでしょう。

一番重要なポイントがわかったところで、次は幹事を成功させるコツをご紹介します。

>>(次ページ)お店選びから締めの挨拶まで
周りから愛される幹事になるポイントを紹介!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。