プロの技

フラット靴はブス脚になる!?シューズ別・美脚をつくる歩き方

フラット靴はブス脚になる!?シューズ別・美脚をつくる歩き方

ここ数年のカジュアルブームで、フラットシューズやスニーカーが大人気! でもじつは、ヒールのある靴を長い間は履かないと、脚の筋力が低下してしまうことも...。そこで今回は、ウォーキングトレーナーの長坂 靖子さんに、フラットシューズでもヒール靴でも美脚をつくれる、正しい歩き方を教わりました。マスターすれば、美脚はもちろん、歩き姿までキレイになれること間違いなし♪

Q)最近、通勤でもフラットシューズが大活躍。そんな中、久々にヒール靴で出掛けたら、あまり歩いていないのに、脚が疲れてしまいました。以前は同じ靴でもガツガツ歩けたのに...。歩き方に問題があるのでしょうか?

A)歩き方はもちろん、フラットシューズに慣れることで、脚の形や筋肉のつき方に変化が起きています。正しい歩き方をマスターして、脚の筋肉を正しくつけることが大切です。

フラットシューズばかり履いていると、「ブス脚」になる...!?

「フラットシューズのほうが楽チンだからよく歩ける」という人がいますが、フラットシューズの場合、自分の姿勢・歩きのクセがダイレクトに出てしまいます。特に、重心のバランスが身体の外側にかかりやすいため、O脚やX脚になったり、脚の外側に脂肪が付きやすくなったります。また、外側に重心をかける事により骨盤が開いてしまい、下腹部がぽっこりと出てしまうことも。また、フラットシューズとヒール靴では使う筋肉が異なるため、フラットシューズばかり履いていると、脚の筋肉の付き方に偏りが出てしまいます。美脚を目指すなら、ヒール靴とフラットシューズはバランスよく履き分けましょう!

次のページでは、ヒール靴はもちろん、フラットシューズで歩くときも美脚をつくれる、正しい歩き方をレクチャーします。

>>【次ページ】どんな靴でも美脚を目指そう♪
靴の種類別・脚がキレイに見える歩き方を公開!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。