女子トーク!

上司に異性に女友達♡誰からも<愛され女子>になる好感度UP術

上司に異性に女友達♡誰からも<愛され女子>になる好感度UP術

マウンティングという言葉が話題になるほど、わたしたちを悩ませる「人間関係」。程度に差はあれど、「愛されたい、かわいがられたい!」と思わない人はいないはず。今回はそんな人間関係において愛され度がぐっとアップするコツを、コミュニケーションの専門家で元銀座No.1ホステスでもある藤田尚弓さんにレクチャーしていただきました!

参加者プロフィール

あっこさん

31歳 会社員

twinkleさん

30歳 会社員

まろんさん

31歳 会社員

みつばちさん

25歳 エステティシャン

まりりんさん

23歳 会社員

教えてくれるのは......

藤田尚弓さん

コミュニケーション研究家。一般社団法人日本コミュニケーションデザイン協会理事、All About話し方・伝え方ガイド。株式会社アップウェブ代表取締役。コミュニケーションプロセスに基づいた「伝わるアプローチ」を取り入れた制作物・セミナーに多数関わる。テレビ・ラジオ出演のほか、著書『銀座で学んだ稼ぐ人のシンプルな習慣』『Noと言えないあなたの気くばり交渉術』『悪女の恋愛メソッド』『悪女の仕事術』など。公式サイト 株式会社アップウェブ

話をしているときの仕草、表情が大事。
上司から愛される秘訣は「相づち上手」♡

藤田さん:「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」って似ている言葉だけれど、その違いってご存知ですか?

編集部:みなさん、首をかしげていますね(笑)。そう聞かれると、普段から厳密に考えたことはないかも。藤田さん、教えていただけますか?

藤田さん:この3つのワードはそれぞれ意味が少しずつ異なります。サービスは「そこに対価が存在する」行動。ホスピタリティは「今そこにいる相手に対して無償で尽くす」行動、おもてなしは「今そこにいない人にも想像力を働かせてとる」行動だと言われています。愛され女子を目指すのなら、見返り(対価)を求めず、そしてその場に相手がいなくても、「おもてなし」の心をもって行動するのがポイントだと思っています。

藤田さん:難しく考えずに、例えば、上司と話をするときなら「うなずき」と「相づち」そして「表情」の3つを心がけるところから始めてみましょう。気まずい上司との関係もグーンと向上することができますよ。明日から試せる相づちのテクニックとして「銀座の三語」を伝授しますね♡

<<聞き上手な人が実践している銀座の3語>>

  1. 「そうなんですね」(いい話題、悪い話題のどちらにも使える)
  2. 「さすがですね」(承認・尊敬を伝えて会話を促す)
  3. 「教えてください」(話題に興味があることを伝える)


藤田さん
:これらはシーンを問わず使える、テッパン3語。相手の話を聞くときは、相づちで好感度アップを図りましょう! 話題に困らないように事前にその人についてのリサーチをしておくのもオススメです。

twinkleさん:リサーチって、上司の趣味とか、ご家族の話とか、そういうことでもいいんですか?

藤田さんそうそう、ちょっとしたことでOK。「あの話を覚えていてくれたのか」と好感度が上がること間違いなしです! 会話をするときは表情にも気を配りましょう。人が会話をする時って、じつは話の内容よりも相手の表情や仕草などの「非言語」からの影響が大きいんです。謝るときには謝罪の言葉以上に、歯を食いしばって申し訳ないと思っている気持ちを表現するとか、御礼を言う時には目をキラキラッ☆とさせて喜びの気持ちを表現するなど、自分が発信している非言語情報にも気を配れるとパーフェクトです。

【上司にかわいがられるには...】

  • 話にうなずきを入れることで話を聞いていることをアピール
  • テッパン3語(銀座の3語)で相づちをして、会話を盛り上げる
  • 自分が思う以上に表情を豊かにすることを意識して感情を存分に伝える

>>次ページ 上司の次は、女同士の人間関係!
マウンティングに負けない方法って?

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。
Invalid category filter: (編集部のピックアップ!)Invalid category filter: (編集部のピックアップ!)