女子トーク!

ムーンパワーを味方に!!月のリズムをキレイに活用する方法♥

ムーンパワーを味方に!!月のリズムをキレイに活用する方法♥

夜空を見上げると当たり前のように私たちを見つめている「月」という存在。「○○年に一度!」といわれる天体ショーに心ときめかせたり、月の満ち欠けに心や身体の周期をなぞらえてみたり、その神秘的な世界に魅せられる女性は少なくありません。2015年はまさにその「月」にまつわる天体ショーが目白押しの年でもあるんですよ!
今回は「春の美活レッスン」と題して、「月」の魅力を味方につけるビューティー術をお送りします!

教えてくれるのは...

景山えりかさん

旧暦や月の文化に造詣が深く、暦を介して星や月と親しむ生活を自ら実践。暮らしに役立つ暦の知識と、おいしいティーのいれ方やブレンドのコツが学べる「星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部」を主宰し、各地で講座を開催。執筆活動と講座を通して、暦に親しみながら星空とお茶を楽しむライフスタイルを提案している。著書に『自然とつながる暮らしかた 空の向こうは私のうちがわ』(講談社)。

月のリズムに合わせたビューティーポイント

地球からいちばん近い天体は? そう、月です。月は自ら回転しながら(自転)、一定の周期で地球の周りをまわっています(公転)。新月から満月へと徐々に満ちていき、満月をピークにまた欠けていき、新月に戻ります。その一連の周期は約29.5日、ほぼ1ヶ月に相当します。女性の場合、月経周期と似ているので親近感がわきやすいですよね。
そんな月の満ち欠けのリズムを意識することで、毎日の暮らしにメリハリをつけることができるかも。ちょっとした考え方のコツを掴んで、あなたの美活に役立てましょう♡

<月の満ち欠け>

新月(1日目)...この日は月の見えない夜。

月の満ち欠けの出発点にあたる新月は、物事の「始まり」の象徴。新しい目標を掲げてみたり、新たなスタートを切ってみたり、何かにチャレンジするきっかけにしてみましょう。「始める」だけでなく、浄化やデトックスにもぴったりの日です。

    <オススメ美活>
  • プチ断食やジュースクレンズを始めてみる!
  • バスソルトを入れたお風呂で発汗してみる!

満ちていく月(2~14日目頃)...満月に向かって日に日にふっくらと満ちていきます。

細く頼りない月がどんどん膨らんで満ちていく様子は「活力」の象徴。エネルギーを吸収する、成長を促す、元気を与えるなどのイメージです。自分の身体に「摂取」するものや、与えるケアを意識してみると良いでしょう。

    <オススメ美活>
  • 栄養価の高い、旬の食材を食べてみる!
  • 運動をして身体のメイキングに努めてみる!

満月(15日目頃)...完全に丸く満ちたお月様。

まん丸な月は、まさに「豊かさ」の象徴。満月の夜は、とびっきりのスペシャルケアに励むなど、特にビューティーに磨きをかける日にすると良いでしょう。また、満月を境に欠けていく月(減っていくイメージ)になぞらえてダイエットを開始するにもぴったり! 
1ヶ月で1番明るく夜空を照らす満月の日は、太古より儀式や祭事が行われるなど、気分が高揚したり、喜びを表したり、興奮したりする本能的な一面も。ハメを外し過ぎないような自制も意識してみて

    <オススメ美活>
  • とっておきのマスクやパックなどでスペシャルケアをしてみる!
  • 丁寧にハーブティーを入れて、自分を見つめ直してみる!

欠けていく月(16~29日目頃)...新月に向かって徐々に欠けていきます。

徐々に月が欠けていくこの時期は「沈静」を象徴しています。今、目の前にあるものを見つめ、次の新月を迎えるための準備期間だと考えます。掃除をしたり、不要なものを手放したりすることで空き容量を増やし、次のサイクルに備えてたっぷり吸収できる準備をしておくのも◎。身体を慈しむ時期にしてみてください。

    <オススメ美活>
  • リンパマッサージなどの「流す」ケアをしてみる!
  • クローゼットやデスクを整理して、古くなった洋服や書類を処分してみる!

>>次のページでは、2015年の見所3大ムーンをご紹介♡

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。