コスメ

好印象を与える「大人×フェミニン」を叶えるメイク術!【目もと編】

好印象を与える「大人×フェミニン」を叶えるメイク術!【目もと編】

かわいいだけじゃない、やさしい女性らしさを表現したいなら「大人×フェミニン」なメイクがおすすめ! 前回のヘア編に引き続き、今回はメイクのご紹介です。コンサバすぎず、ヌケ感のある温かな印象に仕上げるメイクテクニックをご紹介します。

眉:ペンシルとパウダーのW使いで濃淡のあるグラデーション眉に

  1. まずはペンシルを使って、<眉山から眉尻><眉山から眉頭>にむかって、眉の芯を作る気持ちで描きます。
    ☆ポイント→ペンシルはパウダーよりも濃いめの色を選びましょう!



  2. パウダーをブラシにとって、同じく<眉山から眉尻><眉山から眉頭>にむかって重ねます。
    ☆ポイント→ペンシルのラインがぼけているように見えれば成功!



  3. 仕上げに眉マスカラを使えば更に仕上がり感がアップ。
    ☆ポイント→眉尻から眉頭、眉頭から眉尻の順でつければ、眉毛の裏表にきちんとマスカラが付くうえに毛並みも整って◎

アイライン:ブラックとブラウンのアイライナーペンシル2色使いで、ナチュラルに目力アップ

  1. 目元をはっきり見せるために、ブラックのアイライナーで目のキワを埋めます。



  2. ブラウンのアイライナーで、ブラックのラインの外側を少し重ねるようにして描きます。このとき、目の中央(黒目の上)をやや太めに描くと、目が大きくぱっちりと見えます!

  3. 最後にブラウンラインの一番外側を綿棒でほんの軽くぼかせば、ラインが更に肌にとけ込んでナチュラルに仕上がりに。

アイシャドー:ブラウンシャドーのグラデーションで、ナチュラルで魅力的な表情に

  1. ライトカラー(ベースカラー)を指でとって、まぶた全体にのせます。目のくすみや、グラデーションをきれいにみせるためにもたっぷりとのせましょう。

  2. ミディアムカラー(メインカラー)をチップやブラシにとり、アイホール(眼球の上部)に重ねます。



  3. ダークカラーをチップにとって、アイラインをぼかすようなイメージで<目尻から目頭>に向かってのせていきましょう。目尻の骨を意識して広めにぼかすと、さらに立体感がでます。
    ☆ポイント→目頭を囲むようにライトカラーをのせると、目に光が集まって目力がアップします!ベージュゴールドのハイライトペンシルでもOK!

ここまでくれば、大人×フェミニンは完成したも同然! 次回は仕上げのチークと口もとを紹介します。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

高木大輔

高木大輔

ヘアメイクアーティスト/Atelier Salon DD 代表

株)資生堂に入社後、ビューティークリエーション研究所に所属し撮影・宣伝広報活動・技術教育・ファッションショー等のアーティスト活動を経てフリーランスとして独立。プライベートサロンAtelier Salon DDを設立し、サロンワークのほか、技術教育、撮影、プロモーション活動など多岐にわたり活動中。文化服装学院非常勤講師。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。