コスメ

好印象を与える「大人×フェミニン」を叶えるメイク術!【チーク・口もと編】

好印象を与える「大人×フェミニン」を叶えるメイク術!【チーク・口もと編】

かわいいだけじゃない、やさしい女性らしさを表現したいなら「大人×フェミニン」なメイクがおすすめ! ヘア編目もと編に引き続き、今回はチークと口もとメイクのご紹介です。コンサバすぎず、ヌケ感のある温かな印象に仕上げるメイクテクニックをご紹介します。

チーク

ピンクやコーラルピンクなどの肌なじみの良い色を使って,肌をふんわりとみせるのがポイント。それにはチークの入れ方も重要です! チークの基点は、目尻を下がったラインと小鼻の横のラインが交わるところ。基点にブラシを置いたら,ほほが長い人(面長さん)は横めに,ほほが短い人(童顔さん)は縦ぎみにブラシを動かしてチークをぼかしましょう。

ハイライト

目の下の三角ゾーンを明るくするだけで,レフ版効果で目が生き生きとしてみえます。肌のトーンも上がってみえて一石二鳥! テクニックが心配な方も,ライトベージュやアイボリーがかったハイライトなら失敗せずに挑戦できます。

リップ

唇の色がきれいに見えるナチュラルカラーがおすすめ。ピンクがかった肌色や色白の方はピンク系,オークル(黄み)が強い肌色や健康色な方はレッド系のリップを選ぶのがおすすめです。

これまで3回にわたって大人×フェミニンヘアメイクを紹介してきましたが、基本のポイントをしっかり押さえれば、きっとあなたにも再現できるはず! 基本をマスターしたら、いろいろチャレンジしてみるのもいいと思いますよ。

・関連リンク
好印象を与える「大人×フェミニン」を叶えるヘアメイク術!【ヘア編】
好印象を与える「大人×フェミニン」を叶えるヘアメイク術!【目もと編】

高木大輔

高木大輔

ヘアメイクアーティスト/Atelier Salon DD 代表

株)資生堂に入社後、ビューティークリエーション研究所に所属し撮影・宣伝広報活動・技術教育・ファッションショー等のアーティスト活動を経てフリーランスとして独立。プライベートサロンAtelier Salon DDを設立し、サロンワークのほか、技術教育、撮影、プロモーション活動など多岐にわたり活動中。文化服装学院非常勤講師。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。