コスメ

スキを見せるのがコツ!抜け感のある「大人×かわいい」ヘアメイク【アイメイク編】

スキを見せるのがコツ!抜け感のある「大人×かわいい」ヘアメイク【アイメイク編】

コンサバやクールな印象から脱出したいなら、思い切って抜け感のある「大人×かわいい」ヘアメイクに挑戦するのがおすすめです。ポイントはピンクの使い方と毛先のカール感。作り込み過ぎないで、スキを見せるのがコツなんです。

前回のベースメイク編に引き続き、今回はアイメイク編。眉を仕上げるコツと、ハイライトの上手な使い方を伝授します。

眉は強くしすぎずに!

眉の毛並みを整えやや短めに、仕上げに眉マスカラでふんわり眉に仕上げます。 ポイントは眉の印象を強くしないこと! 眉毛の毛並みをスクリューブラシで整えたら、まばらなところをペンシルやパウダーで軽く埋める程度にして、最後に眉マスカラを全体につけて仕上げます。髪の色よりすこし明るいぐらいの色を選びましょう。

アイシャドーはハイライト使いで抜け感を出す!

ピンクとブラウンのシャドーを組み合わせた上まぶたと、ハイライトを効かせた下まぶたで抜け感を演出しましょう。

  1. ピンクのシャドーをアイホールにのせます。ピンクやパステル系の淡い色のアイシャドーは、ブラシでつけるよりもチップや指にとってまぶたにのせるようにつけると、肌に馴染んで発色が高まります。腫れぼったさが気になる人は、パールやラメが比較的強いピンクシャドーがおすすめです。 
  2. ブラウンのシャドーをとったら、アイラインを描く気持ちで目のキワにブラシやチップの幅を目安に、太めに入れましょう。このひと手間で、まぶたを引き締めアイラインのぼかしの効果と、目を大きくみせる効果が生まれます。
  3. 下まぶたには、涙袋にピンクのアイシャドーかハイライト効果のあるパールシャドーをのせて、さりげなく潤んだ目もとを演出しましょう。

アイライン

最後に、上まぶたの目のキワをブラウンのペンシルを使って埋めていきましょう。ふんわりとした目もとのなかにメリハリが生まれます。

マスカラ

目の中央が高くなるように重ね付けをし、下まぶたのまつ毛も目の中央にのせれば、黒目が大きく見えて目力が生まれます。

次回はヘアアレンジ編! 完成までもう一息です!

・関連リンク
スキを見せるのがコツ!抜け感のある「大人×かわいい」ヘアメイク【ベースメイク編】
スキを見せるのがコツ!抜け感のある「大人×かわいい」ヘアメイク【ヘアアレンジ編】

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

高木大輔

高木大輔

ヘアメイクアーティスト/Atelier Salon DD 代表

株)資生堂に入社後、ビューティークリエーション研究所に所属し撮影・宣伝広報活動・技術教育・ファッションショー等のアーティスト活動を経てフリーランスとして独立。プライベートサロンAtelier Salon DDを設立し、サロンワークのほか、技術教育、撮影、プロモーション活動など多岐にわたり活動中。文化服装学院非常勤講師。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。