コスメ

【目からウロコ!】くすみやメイクノリの悪さは道具が原因!?

【目からウロコ!】くすみやメイクノリの悪さは道具が原因!?

メイクがキレイにのらない...。きちんとメイクをしているのにくすんで見える気がする...。それ、実はブラシやスポンジなどのメイク道具の汚れが原因かも!? おしろいをのせるパフも、アイシャドウのチップも、商品を使い切るまで洗わないのはNGですので、ご注意を!

1.ファンデーションのスポンジは2枚交互使いでいつもキレイに!

ファンデーションスポンジは、皮脂や乳液、下地などと混ざり合い、汚れたまま使い続けるとファンデーションがキレイにのらないだけでなく、肌にも負担がかかります。リキッドもパウダーも、スポンジを使う部分は全体の1/2(写真上)が目安。
一度使った面は基本的に1日のみが理想的。その計算でいくと、1枚のスポンジで両面合わせて4日使えることになります。1枚使ったら、殺菌・リンス効果のある専用のスポンジクリーナーや中性洗剤等で洗い、日陰でしっかりと乾かしましょう。2枚のスポンジを交互に使うことで、いつもキレイにファンデーションをつけることができますよ。
洗うのが面倒! という方は、使い捨てのキューブタイプがオススメです。5角形のものなら、裏表面も合わせて7面あるため、1つで1週間使えますね!

2.おしろいのパフが汚れていたら洗い時!

おしろいのパフがファンデーション色に染まっていたら、今すぐスポンジクリーナーや中性洗剤を使って洗いましょう!  パフにファンデーションが付着したまま使っていると、おしろいがパフの上でダマになってしまい、せっかく粒子の細かいパウダーを使っていても、きれいにつかないということに...。 パフは厚くて乾きにくいので、スポンジと同様、2枚を交互に使うのが理想的です。

3.アイシャドウやチークがくすむのはチップや筆の汚れのせいかも!? 

アイシャドウの発色がイマイチだったり、チークを塗ると肌がくすむ感じがしたら、チップやブラシの汚れが原因かもしれません。
ブラシは筆先がさらさらしなくなり始めたら洗い時です。チップもブラシもぬるま湯に中性洗剤をうすくとかして洗います。チップは軽く押し洗い、ブラシは軽く振り洗いをして十分すすいだ後、乾いたタオルで水気をふき取り、日かげでよく乾かしましょう。

メイクのノリが悪いときは、肌のチェックの前に道具のチェックもしてみるといいかもしれません。衣替えの季節、道具もキレイにして新たな気分でメイクを楽しんでください。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

高木大輔

高木大輔

ヘアメイクアーティスト/Atelier Salon DD 代表

株)資生堂に入社後、ビューティークリエーション研究所に所属し撮影・宣伝広報活動・技術教育・ファッションショー等のアーティスト活動を経てフリーランスとして独立。プライベートサロンAtelier Salon DDを設立し、サロンワークのほか、技術教育、撮影、プロモーション活動など多岐にわたり活動中。文化服装学院非常勤講師。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。