コスメ

不自然つけまは卒業!自毛に見えちゃう「つけま」テク

不自然つけまは卒業!自毛に見えちゃう「つけま」テク

いまや目もとメイクの定番となった「つけまつ毛」。でも、妙にボリューミーになったり、端っこが浮いてしまったりと、つけまつ毛をキレイにつけるのって意外と難しいですよね...。というわけで今回は、まるで自まつ毛(!?)と見紛うほどにナチュラルな、つけまつ毛のつけ方を教えちゃいます!

これはNG!目にフィットした、つけま選び&つけ方が大切

画像のような、「つけまつ毛をつけました!!」と言わんばかりの不自然なつけ方はNG。具体的には

  • 自まつげから浮いている
  • つけまつ毛が大きすぎて目のサイズと合っていない
  • 角度が上がりすぎ、または下がりすぎ
  • 無理やりアイラインを描いて、ラインがガタガタになっている

などが失敗例です。
上記のようなNGつけまつ毛にならないように、気をつけるポイントはこちら!

つけまつ毛は目尻の「ちょっと盛り」が正解

つけまつ毛をそのままの大きさで目につけると、はっきりとしたぱっちり目に。ナチュラルさ出したいときには、つけまつ毛を3分の2程度にカットして、目の中央~目尻部分にだけつけるのがオススメです。

  1. つけまつげの残った部分3分の2を使用する
  2. 目尻側から中央にかけての位置につけまつげをつける

上手につけるテク! のりは「綿棒」で調整を

のりを上手につけられないときは、綿棒の先端にのりをつけ、つけまつげの台糸にそって、綿棒を軽くすべらせるようにつけましょう。両方のひじや手首を安定させると、よりのりがつけやすくなります。

つける位置は目尻だけでOK!

ピンセットを使ってつけまつ毛を持ち、目尻から2~3mmはみ出す位置に置いたら、まつ毛の根もとにしっかりつけます。ピンセットを使うと、まつ毛の根もとが見やすく、微調整もしやすいのでオススメ。



目尻側のまつ毛が濃くなると、憂いのある印象的な目もとになれるんです♪ 「目尻ちょい盛りつけまつ毛」で、ナチュラルデカ目を目指しましょう。

【関連記事】
薄盛りメイクで目ヂカラUP!隠しアイラインのすごい効果

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

伊藤礼子

伊藤礼子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、国内外コレクションなどでも多岐にわたり活動。現在、メーキャップブランド「ベネフィーク」では、カラークリエーションなど商品開発も担当。セミナー、ヘアメーキャップスクールSABFAの講師もつとめる。2006年HAIR MODE最優秀年間賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/ito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。