コスメ

えっモグラ色?春のトレンドカラーで作る「ハーフ顔メイク」

えっモグラ色?春のトレンドカラーで作る「ハーフ顔メイク」

今年の春は、白やパステルなど、淡いニュアンスのあるカラーがトレンド。メイクでも、シアーなパステルカラーや、しっとりしてグロウなアイカラーが人気です。

そこで今回は、春のニュアンスカラーを取り入れたアイメイク術をご紹介。オシャレさはもちろん、ナチュラルに骨格をごまかせるので、ちょっぴり彫りの深いハーフ顔になれちゃいますよ♪

モグラ色!?「トープカラー」はハーフ顔メイクと相性抜群!

この春トレンドのニュアンスカラーのなかでも、イチオシなのが「トープカラー」と呼ばれる色味。「トープ」とは、フランス語で「モグラ」のことで、グレーがかったブラウンっぽい色を指します。春らしいカジュアルな抜け感がありつつ、引き締め効果もある色なので、ハーフ顔メイクにはもってこい! とくに今回使用するカラーは、透明感のあるセピア風のグレーブラウンなので、だれでも簡単に自然な陰影を作ることができますよ。

ハーフ顔成功のポイントは、目頭と目尻の塗りかた!

まず、トープカラーのクリームアイシャドウを指に取り、アイホール全体に薄く塗り広げます。次に、同じアイシャドウをブラシに取り、目のキワ、目頭、目尻に重ね塗り(写真1)。重ね塗りした目のキワと目頭、目尻のカラーが濃くなるため、自然な立体感を演出できるんです(写真2)。下まぶたにも同じ色のアイシャドウを軽く入れると、さらに彫り深EYEに!

+太眉で、イマドキハーフ顔の完成♪

海外セレブ風の自然な太眉を合わせれば、一気にハーフ風に大変身! 眉頭を太めに描き、ノーズシャドウをしのばせれば、鼻筋もすっきり見えて更に自然な凹凸感が産まれます。

じつはこのアイメイク、アイシャドウとマスカラのみで仕上げているんです! アイラインは描いていなくても、クリームタイプのアイシャドウを重ね塗りすることでしっかりと目もとが強調されていますよね。ナチュラルだけど目力も出せる「トープカラー」。この春大活躍してくれますよ。

使用化粧品 SHISEIDOシマリング クリーム アイカラーBR727

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。