コスメ

"なじませ"&"スタンプづけ"で、厚くならないメイク直し!

"なじませ"&"スタンプづけ"で、厚くならないメイク直し!

ランチのあとや夕方のメイク直しは、女子にとってお約束のようなもの。でも、「お直し」しているつもりなのに、逆にメイクがよれちゃったり、どんどん濃くなって厚化粧になっちゃったり...。そこで今回は、意外と知らないメイク直しのポイントをご紹介します。

ベースメイク直しは、崩れたファンデをなじませるのがポイント!

朝のメイクと同じように、そのままいきなりファンデーションを重ねる。そんな方法でベースメイクを直している人も多いのでは? この方法だと、ファンデーションが毛穴に溜まったり、厚塗りに見えやすくなったりするのでNG! 大切なのは、肌の上に残っているファンデーションを、スポンジのきれいな面を使って一度なじませること。こうすると、肌表面がなめらかになって、上からのせるパウダーがナチュラルに仕上がるのです♪ 広範囲に崩れている場合は、スポンジで崩れたファンデーションを取り除いてから下地を付け直し、よくなじませましょう。そのあとファンデーションを重ねます。

ベースメイク直しの手順

  1. あぶらとり紙などで脂をおさえる(脂が気にならないときは、しなくてもよい)
  2. スポンジのきれいな面を使って、崩れているファンデーションをならすように肌になじませる
  3. パウダリーファンデーションを、ファンデーションブラシやスポンジなどで、軽くおさえるようにつける。コツは、スタンプのようにトントンと!

この方法なら、粉っぽさや厚塗り感のない、ナチュラルなベースに仕上がりますよ。

目もと、口もとのメイク直し&仕上げのくすみ取りテク

●アイメイク...綿棒やスポンジなどで崩れた部分を一旦ぬぐい、パウダーを軽くはたいてから、メイクを直す

●リップ...リップクリームを唇に塗って、指で軽くなじませる。その後、軽くティッシュでおさえて、口紅を塗り直すのがオススメです。残っていた口紅がなじみ、同時に唇の皮などのケアができますよ。

メイク直しの最後には、パウダータイプのハイライトを、目の下から頬あたりに入れましょう。透明感がプラスされ、夕方のくすんだ肌もパッと明るくなりますよ。

ポイントをしっかり押さえたメイク直しで、「朝から晩までキレイな人」でいてくださいね。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。