コスメ

シミを隠すだけじゃない!ハイライト効果もあるコンシーラー術

シミを隠すだけじゃない!ハイライト効果もあるコンシーラー術

シミやクマ、ニキビ跡など、ファンデーションでは隠しきれない肌トラブルをキレイにカバーしてくれるのが「コンシーラー」。でもなんとなく、使いこなすのが難しいイメージも...。そこで今回は、コンシーラーを上手に使って、肌をキレイに見せるテクニックをご紹介します。

薄めメイクでも美肌に見せる、それがコンシーラーの威力!

コンシーラーの役割は大きく分けてふたつ。一つはおなじみの「肌の色ムラを補正する」というもの。そしてもう一つが、「ハイライト」の効果。顔の立体感を強調するハイライト効果を上手に使えば、ベースメイクが薄くても肌をキレイに見せることができますよ。

コンシーラー使いのポイント

隠したい悩みによって、コンシーラーの色選びやつけ方は変わってきます。

■色選びのポイント

  • カバーした部分が、肌色に近くなるように色を選ぶのがポイント
  • 濃いクマやシミ→肌とクマ、シミの中間色
  • 薄いクマやシミ、ニキビ跡など→肌に近い色

■つけ方のポイント

隠したい部分に筆でのせ、ベースメイクとコンシーラーの境目をなじませるように、指もしくは筆で周りをぼかす。少しずつ乗せて、あまり広げすぎないようにするのが、厚塗りにならないポイント。

小鼻の周りや口角などもくすみや赤味が出やすい部分なので、コンシーラーでカバーすると、より肌がキレイに見えます。
また、ハイライトとして使う場合は、リキッドタイプの柔らかいコンシーラーがオススメ。ベースメイクの最後に、肌より明るい色のコンシーラーを目周りとTゾーンやあご先に、指でトントンとなじませるようにぼかしましょう。

カバー力が高くて、使い方が選べる「スティックタイプ」がオススメ

クリームやスティック、ペンシルなど、種類も多くて何を買ったらいいか迷っちゃう。そんなときは、スティックタイプをセレクトしておくと幅広く使えて便利。スティックタイプのコンシーラーはカバー力も高いので、肌トラブルをしっかり隠したいときに効果的。また、ナチュラルさをキープしたいときは、直につけずブラシにとって使うことで、厚塗りになるのを防げますよ。

コンシーラーで肌トラブルすべてを隠そうと思うと、顔がフラットになってのっぺりとした印象に。バランスのいい美肌を作るには、「どうしても気になるところだけを隠す」くらいの気持ちで使うのがオススメです。

ぜひ、ポーチに眠ってしまいがちなコンシーラーを活用して、薄いメイクでも美肌を目指しましょう!

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。