コスメ

アイシャドウチップが鍵!色白効果もあるピンクリップ攻略法♡

アイシャドウチップが鍵!色白効果もあるピンクリップ攻略法♡

今年のメイクトレンドは、なんといってもピンク! とはいうものの、いろんな「ピンク」がありすぎて、逆にどれを選んだらいいのかわからない...。そこで今回は、今年絶対手に入れたい、マストなピンクリップと、ピンクリップを使いこなすメイク法をご紹介します。

一見ハデな「青みピンク」がオススメ!じつは色白効果も!

この春オススメのピンクカラーと言えば、「青みピンク」。バブルのころを彷彿とさせるハデハデな色に見えますが、唇につけるとほどよいシアー感があり、じつは肌なじみもいいのでご安心を。
また、青みピンクのような鮮やかな色は、肌の色を白く見せてくれる効果もあるんですよ。

アイシャドウチップがカギ! 青みピンクのなじませテク


青みピンクは目立つ色なだけに、肌から浮いてしまうのでは...と不安な人もいるのでは? そんな時には「輪郭なじませテク」がオススメです。
リップカラーを直塗りしたあと、アイシャドウチップを使って、唇のアウトラインをぼかしていきます。こうすると輪郭がマットになり、肌なじみがよくなりますよ。また、指でぼかすよりも、口角などの細かい部分をきれいにぼかし込むことが可能に。

「私の肌はイエローベース(黄み肌)だから、青みピンクは似合わない」と思っている人はいませんか? じつはイエローベースの人が青みピンクをつけると、黄味が抑えられて肌色がきれいに見えるんだそう。やはり、リップは思い切ってつけてみることが大事! 自分に似合う色が増えるかも! せっかくのトレンドカラーこそ、臆せずに試してみてくださいね。

リップが主役。アイラインやチークは抑え気味ぐらいでちょうどいい!

ピンクリップを使うときは、ほかのパーツとのバランスも重要。リップが主役になるので、アイメイクやチークは、あえて控えめに仕上げます。
たとえば、アイシャドウは優しい色味で目もとを明るく仕上げ、アイラインはブラウンをチョイス。目尻を跳ね上げて描くと、今っぽいこなれ感が演出できますよ。
チークは自然な血色を与えるレッド系を、やさしくサラッと入れる程度でOK。チークまでピンクにするとコテコテになってしまうので注意してくださいね。

つけるだけで一気に華やかになれる青みピンク。コツさえつかめば、誰にでも似合う色なので、ぜひチャレンジしてください!

Photo:秋山まどか

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。