コスメ

小さ目アイメイクになってない!?デカ目メイクはこれが正解!

小さ目アイメイクになってない!?デカ目メイクはこれが正解!

少しでも目を大きく見せたい! そんな気持ちでメイクをしているのに、じつはメイクの仕方によっては、逆に目を小さく見せてしまっている可能性が・・・。自分のメイクが目を小さく見せていないか、さっそくチェックしましょう!

大事なのはラインの太さ。細⇒太ラインで切れ長大き目に?

目頭から目尻まで同じ太さでアイラインを描くと、目の広がりや奥行きが失われ、目の印象が小さくなってしまいます。
アイラインは目頭部分を細めに、目尻に向かって徐々に太く描いていくと、すっとした切れ長な目に見せられ、同時に大きな印象の目もとになります。下まぶたはブラウンのアイシャドーで影色をつけるぐらいが自然でオススメです。

囲みアイラインは目を小さく見せる!?長めラインが大き目のテク!

多くの人がやっている「目尻をくの字に囲むライン」。じつは、目を大きく見せるどころか、目尻の終わりを強調してしまうので、かえって目が小さく見えてしまう、ありがちなメイクなんです。目尻のラインは、上げも下げもせず、自然と水平になるように描くのが、目を大きく見せるコツ。下まぶたにラインを描く時も、上まぶたの目尻のラインは長めに!がポイント。
また、アイラインを描いたら、綿棒などで目尻のラインを少しだけ横に流すようにぼかすと、さらに目幅が広がって目が大きく見えます。

ファンデ&コンシーラーはキワまで塗らない!

クマやくすみを隠したくて、ついつい目のキワまでファンデーションやコンシーラーを塗りがちですが、これもNG! キワまで塗ってしまうと肌の自然な影を消してしまうため、目もとの立体感がなくなり逆に目が小さく見えてしまいます。
ファンデーションやコンシーラーを塗る位置は、涙袋の下辺りでストップ。目のキワまでベースメイクを塗らないことで、目もとに自然な立体感ができ、デカ目効果もアップしますよ。

目尻を上下のラインで囲まないこと、ラインの終わりは外にむかって自然にぼけていること、さりげなく目を大きく見せるには、このふたつが重要なんです。こちらを参考に、ありがちアイメイクからの脱却を目指しましょう!

photo:秋山まどか

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。