コスメ

カラフル&キラキラ目もとで大胆に♪オトナ女子向けフェスメイク

カラフル&キラキラ目もとで大胆に♪オトナ女子向けフェスメイク

夏のイベントといえば、外せないのが「フェス」。せっかくの非日常空間だから、普段とはひと味違ったヘアやメイクに挑戦したいもの。そこで今回は、遊びを取り入れつつオトナの女性にもマッチするフェスメイクをご紹介します。

目もとは2?3色を使って、思いっきりカラフルに♪

元気いっぱいフェスを楽しむのなら、やはりカラフルなメイクがオススメ。特に目もとはいつもなら使わないようなPOPでカラフルなカラーで思いっきり楽しんで? 

カラフルなアイメイクをする場合、まずはベージュ系のクリームシャドウをまぶた全体に広範囲に広げます。こうしておくと、次に使うアイシャドウの発色や色持ちがよくなりますよ。

POPな色のアイカラーを指先に取り、上まぶたの目尻側にポンポンとのせていきます。2?3色程度の色を組み合わせて、ランダムにのせるのがオススメ。下まぶたにはビビッドなレッドやピンクのアイカラーを太めに入れて、目もとをカラフルに彩りましょう(写真左)。

シールでキラキラ感UP☆シールは「つけまノリ」で固定

イベント時に取り入れたいのが、キラキラシール。太陽の光りを反射してキラキラ輝くシールは、フェイスペイントほど手間もかからないのにインパクト大!
目尻からこめかみあたりにサイズや輝きの異なるシールをランダムに貼って可愛さをUPさせましょう。汗や皮脂などでシールの粘着力が弱まりやすいので、あらかじめ、つけまつ毛用のノリをシールの裏に塗って、粘着力を高めておくと◎。
シールは、顔に対して左右をアシンメトリーに貼るのがおしゃれに見せるポイントです!

目もとのメイクがPOPなので、チークやリップの色味は少し抑え気味にすると、やり過ぎ感がなく、オトナの女性にもマッチするフェスメイクに仕上がります。

流行りの花かんむりは"ななめにちょこんと"がオトナ女子ルール♪

花かんむりは、自分の頭の形にフィットするよう、ワイヤーを手で軽く歪ませてから使いましょう。また、真っ直ぐではなく、ななめにのせると、こなれ感がUP!
ちょっぴり子供っぽくなりがちな花かんむりですが、花の並びがランダムなもの、寒色系のものを選ぶと、大人っぽくなりますよ。

人がたくさん集まるフェスでは、目立ったもの勝ち!! 普段はできない派手なメイクで、みんなの視線を独り占めしちゃってくださいね?

photo:鈴木花美

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

伊藤礼子

伊藤礼子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、国内外コレクションなどでも多岐にわたり活動。現在、メーキャップブランド「ベネフィーク」では、カラークリエーションなど商品開発も担当。セミナー、ヘアメーキャップスクールSABFAの講師もつとめる。2006年HAIR MODE最優秀年間賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/ito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。