コスメ

落とし方で5年後の顔が変わる!?ポイントメイクの正しい落とし方

落とし方で5年後の顔が変わる!?ポイントメイクの正しい落とし方

忙しいとつい、手抜きしがちなメイク落とし。しかし美肌のためには、ポイントメイクと全体のクレンジングは分けるのが鉄則! 知れば納得な、ポイントメイクの正しいクレンジング方法を、資生堂webビューティーコンサルタントの村上真優さんに教えてもらいました。

5年後の顔が変わる!?ポイントメイクの正しい落とし方

しっかり落としたはずなのに、化粧水をつけると「コットンにラメが...」なんてこと、ありませんか? ポイントメイクは、フィット感を高めるために細かい粒子や崩れにくい成分が配合されているので、通常のクレンジングだけでは落ちにくいです。また、目もと・口もとは皮ふがとても薄いので、ゴシゴシとこするのは厳禁。メイクを完全に落としきれていないと、色素沈着して目もとや口もとのくすみやシワの原因に。メイクの落とし方が5年後、10年後の見た目年齢を変えるといっても過言ではありません。

きちんと落とさないと、こんなことが......

  • まぶたや唇のくすみ、色素沈着の原因に!
  • 目もとや、唇の縦ジワが目立つように!

今日からでも遅くない!ポイントメイクの正しい落とし方

目・口もとは皮ふが薄くデリケートな場所。やさしく、でもしっかりメイクオフするため、必ずポイントリムーバーを使いましょう。

<アイシャドウ&マスカラの落とし方>

1. 専用リムーバーを、コットンに10円玉大ほどとります。

2. コットンを指にはさみ、まぶたの上に数秒おき、マスカラやアイシャドウとなじませます。指は軽く曲げて、まぶたの丸みに沿わせるとなじみやすくなります。

3. 目頭から目尻に向かって、コットンをずらし、やさしく拭き取ります。

4. コットンをまつ毛に数秒おき,マスカラとなじませたあと、まつ毛の根もとから毛先にむかって、やさしく拭き取ります。マスカラが落ちるまで、数回繰り返しましょう。

<アイラインの落とし方>

1. コットンを4つ折りにします。(アイシャドウやマスカラを落としたコットンを、裏返してつかっても大丈夫です)

2. 片方の手でまぶたを軽く引き上げ、コットンの角でアイラインをやさしく拭き取ります。

<リップメイクの落とし方>

1. 専用リムーバーを、コットンに10円玉大ほどとります。

2. コットンを指にはさみ、唇の上に数秒置き、リップとなじませた後、口角から反対側の口角に向かって、やさしく拭き取ります。

【まとめ】

ポイントクレンジングのコツは、適量のリムーバーをきちんと出して、じっくりなじませること! 量が少なかったり、すぐに拭き取ろうとすると、メイクが落ちにくく、肌に負担がかかるので気をつけましょう。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。