コスメ

ファンデの前におしろい!? 真夏のドロドロメイクを防ぐベーステク

ファンデの前におしろい!? 真夏のドロドロメイクを防ぐベーステク

夏のメイク悩みといえば、とにかく崩れやすいこと! でも、工夫次第では、ドロドロメイクになるのを防げちゃうんです。真夏に取り入れたい朝のメイク術と、夕方のメイク直し方法を資生堂Webビューティーコンサルタントの村上真優さんに教えてもらいました!

化粧もちが変わる! 夏のベース作りはファンデの前におしろい!

みなさんは"おしろい"の崩れ防止効果をご存知ですか? メイク直しの回数を減らすには、朝のメイクをいかにキープできるかが勝負! マストで取り入れたいのは、おしろいの"重ね付け"。

化粧下地としても使えるおしろいがオススメです。

仕上げに使うイメージの強いおしろいですが、下地効果のあるものをファンデーションの前に使い、下地とファンデでサンドすることで、極上のサラサラ肌が完成! おしろいが脂取り紙の役割をするので皮脂によるメイク崩れ・毛穴落ちが防げます。

<おしろいの重ね付けの順番>

1. 下地
2. おしろい1回目→顔全体をサラサラ肌に
3. ファンデーション
4. おしろい2回目→肌のキメを整える

敵は汗と皮脂! 夏の正しいメイク直し術

夏のメイク崩れの主な原因は、汗と大量の皮脂。そのままメイク直しをすると汗と皮脂で滲んでしまうので、まずはベタつきを取ることが何よりも大事です。

<汗や皮脂でドロドロ・・・夏のメイク直し方法>

1. 汗と皮脂を、ティッシュまたは乾いたスポンジで拭う。
(★POINT:ドロドロの時は脂取り紙だと不十分! お化粧直ししてもすぐに崩れてしまいます。)

2. スポンジでトントンと軽く叩き込んで、浮いてしまったファンデーションと肌の境目をなめらかにする。

3. スキンケア効果のある下地や、乳液を薄めに伸ばし、うるおいを注入。
(★POINT:1~2分置き、乾いてからファンデーションをつけましょう)

4. パウダーファンデーションをパフやスポンジに取り、押さえながら肌色を整えて。

汗が止まらないときは、ミスト化粧水を顔全体に吹きかけてからメイク直しするのもオススメ。肌温度が下がり、きれいにお直しできますよ。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。