コスメ

"隠れ乾燥"になってない!? 真のうるおいを保つ正しいスキンケア

"隠れ乾燥"になってない!? 真のうるおいを保つ正しいスキンケア

汗をたくさんかく季節。冬に比べて肌はうるおっているように感じるけど、実は夏も乾燥の季節だって知っていますか!? そんな"隠れ乾燥"から肌をレスキューする方法を、資生堂Webビューティーコンサルタントの柳田理子さんに教えてもらいました!

実は乾燥している!? 夏の"隠れ乾燥"にご注意!

夏に感じる、肌のうるおい感やツヤの正体は、実は皮脂であることが多いのです。うるおっているように見えるのは表面だけで、肌の内側は乾いている場合も...。偽りのうるおい感にだまされないよう、正しい保湿ケアを行うことが大切です。

しっかり見極めて!"隠れ乾燥"のサインはコレ!

  • 肌を触るとザラザラ、ゴワゴワする
  • 肌の表面が、硬くなったように感じる
  • ファンデーションのノリが悪い
  • 化粧水や乳液のなじみが悪い
  • 顔色がどんよりと、くすんでいる

汗をかくと水分が蒸発して肌は乾燥しやすく、汗を拭ってもベタベタした皮脂は残っているので、夏は乾燥していることに気づきにくいんです!

夏こそ大事な「化粧水+乳液」のお手入れ

暑さや湿気でベタつくからと、パパッと済ませがちな夏のスキンケアですが、保湿は必須。特にマスト使いしてほしいのが、乳液です。化粧水のみだとすぐにうるおいが減少してしまいますが、化粧水の後に乳液を使用することで、時間が経ってもうるおいをキープし、肌のキメを整え、ふっくらやわらか肌に。ベタつきが気になる人は、さっぱりタイプを選ぶなど好みの感触を選んで。量は冬同様、適量をきちんとつけるのが正解です。

お手入れ不足で水分が足りないとキメが乱れ、毛穴が目立ちメイクのりも悪くなる原因に! スキンケアで水分と油分のバランスを整えて、本物のうるおい肌を手に入れましょう。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。