コスメ

「湯上り感」がお手本♡大人の色香を演出する浴衣メイク

「湯上り感」がお手本♡大人の色香を演出する浴衣メイク

夏にしか着られない浴衣だからこそ、着るときはちょっぴり気合が入るもの。せっかくの浴衣だしいつもと違うメイクを! と思いがちですが、あまりにもキメ過ぎてしまうのは逆効果。浴衣を着るときのメイクは、血色感と抜け感をブレンドした「湯上りのような雰囲気」が理想です。あえてのすっぴんっぽさで、大人の色香を演出しましょう。

ほんのり桃色肌で湯上り感を強調

湯上りのような肌を作るため、血色感とツヤの出るCCクリームなどを使用します。肌に伸ばすとほんのり桃色になるような、ピンクベースのものがオススメ。くすみをきれいにオフし、血色を高めてくれてファンデーションの量も少なくできます。パーツメイクを控えめにする分、ベースメイクは丁寧に作りこみ、美しい肌を目指しましょう。

頬と唇には同系色で血色をプラス

・チーク

チークにもリップにも使えるようなクリームタイプのものを使用。頬の高い位置に、指でポンポンとのせます。

・リップ

チークに使用したものと同じものを指に取り、唇の中央から外側に向かってトントンとのせます。

チークとリップを指でラフに塗ることで、内側からにじみ出るような血色感を演出でき、やり過ぎ感を抑えられるんです。色味は、透明感のあるレッド系がオススメ。みずみずしい印象に仕上がりますよ。

あえての繊維入り透明マスカラで抜け感を

アイメイクも極力控えめに。アイラッシュカーラーでまつ毛を軽く上げてから、繊維入りの透明マスカラで仕上げます。まつ毛を頑張りすぎず自然な印象にしてハリとツヤをプラスし、さり気ない目力を与えてくれますよ。下まつ毛にも同じようにオン。これだけで抜け感がぐっと増します。

ツヤと血色感のあるホワンとした雰囲気が、浴衣のもつ色っぽさをさらに強調してくれます。あえて控えめにすることで出せるしっとりとした大人の色香を楽しんでくださいね。

Photo: 鈴木花美

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。