コスメ

色っぽさは目元で決まる!?ナチュラルな大人の涙袋の作り方

色っぽさは目元で決まる!?ナチュラルな大人の涙袋の作り方

定番になりつつも、いまいちコツがつかめない人も多い、涙袋メイク。不自然に作りすぎた涙袋はNG! 目指すはナチュラルな大人涙袋です。今回はそんな涙袋の作り方を、資生堂Webビューティーコンサルタントの岩上さえさんに教えてもらいました!

用意するもの

・コンシーラーまたはアイシャドウ

<POINT!> 肌の色より少し明るめのカラーを使用します。コンシーラーは、スティックタイプのものより、リキッドタイプのコンシーラーがナチュラルに仕上がるのでオススメ。アイシャドウを使用する場合は、ラメやパールが細かいベージュ系を選びましょう。

・ノーズシャドウまたはアイブロウパウダー

涙袋の作り方

1. 下まぶたの目頭から目尻にむかって、コンシーラーまたはアイシャドウを5ミリ幅程度に細くいれます。アイシャドウの場合、細めのチップを使うと簡単です。

2. 明るくした部分の下にノーズシャドウまたはアイブロウパウダーで細く線を入れて影を作り、立体感を出します。濃い色で入れるとクマっぽく見えてしまうので注意してください!

3. 最後にめん棒でぼかして全体になじませます。これでナチュラルな大人涙袋が完成!

涙袋を作ることで、ナチュラルに目を大きく見せるだけでなく、光と影の陰影がつくので、目もと全体の存在感が広がります。今回ご紹介した大人涙袋メイクをマスターすれば、色っぽさが増し、女度もグッとUP! ぜひ試してみてくださいね♪

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。