コスメ

手の甲で選ぶのはNG!自分にあう「ファンデーション」の色選び

手の甲で選ぶのはNG!自分にあう「ファンデーション」の色選び

ファンデーションを選ぶとき、試さずに同じものを買い続けていませんか? 日焼けしたりお手入れを変えたり、年齢によっても肌色は変化するもの。同じファンデーションを使い続けると、いつの間にか顔だけ色が浮いてしまっていることも...! ファンデーションの切り替え時には、必ず色を確かめることが大切です。ファンデーションの色選びについて、資生堂Webビューティーコンサルタントの大塚真央さんに教えてもらいました!

手の甲は絶対NG! 色選びはフェイスラインで!

ファンデーションを選ぶとき、どこで色味を確認したらいいか悩みどころ。手の甲につけて確認している...なんて人もいますが、それはNG! 手の甲と顔や首には大きな色の差があります。自分に合った色を選ぶなら、顔と首の境目であるフェイスラインで確認するのがマストです!

<正しいファンデーションの色の選び方>

スポンジの角を使い、ほお下から首にむかって縦にのせます。この時、フェイスラインの耳側から明るい順に2~3色のせ、顔と首との境目の色合いを見ながら、1番肌色に合う色を選びましょう。ほおと首の差が大きな場合は、中間色を選ぶと自然になじみます。

肌のトーン悩みは化粧下地で解決!

肌色に合うファンデーションを選んでも、肌が暗くなったり、黄色くくすみがちだったり・・・。肌のトーンに悩みがある人は、ファンデーションの前に肌色を整える化粧下地やCCクリームなどで、しっかり明るさを仕込んでおくことがポイント。そうすることで肌全体の透明感を引き出します。

顔だけ浮いてない? フェイスラインは薄く

肌色に合うファンデーションを使っているのに、顔だけ浮いているように感じることはありませんか? それはフェイスラインの仕上げ方に問題があるかも! フェイスラインにまでたくさんファンデーションをつけてしまうと、顔と首との境目がくっきりと目立ってしまい、顔だけ浮いて見える原因になります。ほおはしっかりファンデーションでカバーをして、フェイスラインはスポンジに残ったファンデーションを薄くなじませるようにしましょう。首との境目も気にならず、自然な仕上がりになりますよ♪

自然な肌に仕上げるには、まずはファンデーション選びが重要です! 次の切り替え時、購入時には自分の肌色に合ったものをしっかり選びましょうね♪

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。