コスメ

アイテム選びから化粧直しテクまで!結婚式お呼ばれメイクの鉄板ルール

アイテム選びから化粧直しテクまで!結婚式お呼ばれメイクの鉄板ルール

結婚式にお呼ばれした時のメイクってどうしたらいいの? 華やか場面だからこそ、マナーを押さえつつ、エレガントに決めたいもの。アイテム選びから、涙対策、メイク道具のコンパクト収納術まで、資生堂Webビューティーコンサルタントの橋本樹里さんに教えてもらいました!

ポイントを絞って"引き算"メイク

華やかな結婚式は、いつものメイクでは物足りない・・・とはいえ、濃いメイクで派手に決めすぎるとかえって浮いてしまいます。押さえておきたい、結婚式のお呼ばれメイクの基本マナーを勉強しましょう♪

【目もと】

微パールでツヤ感のある清潔感のある目もとに仕上げましょう。大粒のパールやラメが強いもの、暗すぎる色のアイシャドウはNGです。

【口もと】

飲食でメイクが落ちやすいで口もとは、口紅を塗る前にリップライナーをしっかり引いておくことで、色落ちしにくくなります。グラスにべっとりつきやすいグロスは避けましょう。

【頬】

明るめのツヤ感のあるチークで華やかな印象に。パール感が強すぎるタイプのものや、濃すぎる色味は、派手な仕上がりの原因になるので控えましょう。

メイクはポイントを絞って、メリハリのある上品な華やかメイクに仕上げるのがおすすめ。目もと・口もと・頬の3パーツのどこか1つにポイントをもっていき、残りのパーツは控えめに仕上げて!

もっと自分に合ったメイクポイントを知りたい! そんな時はこちらをチェック

結婚式に涙はつきもの...。よれない! にじまない! アイメイク術

感動して涙を流してしまうシーンが多い結婚式。アイメイクがにじんでパンダ目にならないようにするには、仕込みがキモ! 涙もろい人や目もとの化粧落ちが気になる人は、アイメイクの前にフェイスパウダーを、まぶた全体と下まぶたの際までしっかりのせておきましょう。アイライナーやマスカラはウォータープルーフタイプで、さらにマスカラ下地を使用すると◎ 下アイラインは引かず、下まつ毛のマスカラは透明タイプにするのが鉄則です。

小さめバッグでもOK! 結婚式のお役立ち豆知識

写真撮影や感動の涙によるメイク崩れ、何かと化粧直しが多くなる結婚式。お直し用のメイク品は、クラッチバッグのような小さめバッグだと、あれもこれもは入りませんよね。そんなときは、メイク直し1回分だけをコンパクトにまとめるテクで解決です!

  • ティッシュやあぶら取り紙は折りたたんでファンデーションケースに収納
  • リップはキャップ付のブラシに1回分をとってポーチに入れる
  • チークをブラシ1回分とり、ティッシュにくるんでポーチに入れる

華やかな場の結婚式では、最初から最後まできれいな顔でいたいもの。メイクマナーを押さえつつ、メイク崩れ対策も万全にして、華やかな場をエレガントに楽しみましょう♪

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。