コスメ

色×形状×用具選びがキモ!フェイスパウダーの賢い使い方

色×形状×用具選びがキモ!フェイスパウダーの賢い使い方

フェイスパウダーがメイクの仕上がりをぐっとあげることをご存知ですか? キメを整え、自然なツヤを与えるだけでなく、ファンデーションのもちをよくし、化粧崩れの防止にもなるんです! でも、パウダーの種類、色、つけ方もさまざま。フェイスパウダーを買うときはどれを選べばいいのか、悩んでしまいますよね。今回は、肌の仕上がりイメージをもとに、フェイスパウダーの選び方を、資生堂Webビューティーコンサルタントの岩上さえさんに教えてもらいました!

【パウダーの種類】プレストパウダーとルースパウダーは、仕上がりのイメージで選ぶ!

プレストパウダー

カバー力も欲しい! でもファンデーションよりナチュラルに仕上げたい!という人には、固形状のプレストパウダーが密着感のある仕上がりでオススメ。持ち運びにも便利なコンパクトタイプが多いので、外出時のお直しにも活用できます。

ルースパウダー

粉状のルースパウダーは、ふんわりとやわらかく、軽い仕上がりに。大きめのパフやブラシを使ってすばやく仕上げることができるので、時間がない朝のベースメイクにもオススメです。ケースが大きく、粉が飛び散るため、持ち運びにはプレストタイプが良いでしょう。

【カラーの種類】ホワイトにベージュ...肌悩みを解決するのはどれ?

肌悩みや、なりたいイメージは人それぞれ。フェイスパウダーはカラーによって仕上がりが変わります。自分の肌悩みやなりたい肌に合わせたカラーのフェイスパウダーで、理想の肌を目指しましょう。

ホワイト 肌全体のトーンをUP、ハイライトとして部分使用することで立体感も!

ベージュまたはアイボリー 肌なじみがよく、毛穴などもカバーし、ナチュラルな仕上がりに

ブルー 肌を明るくし、より透明感の高い肌に仕上がります

ピンク 黄くすみや血色の悪さをカバーし、血色のいい肌に仕上がります

【付け方】仕上がりが変わる! パフとブラシの使い分け術

パフ:マット肌に仕上げたいときに

付けるときのポイントは、パウダーをパフにとったらしっかりよくもみこんでから肌にのせること。ムラのない、均一で自然な仕上がりになります。目・口のまわりといった細かい部分はパフを折ってのせます。皮脂が気になるところや崩れやすいTゾーンは丁寧に押さえましょう。いろんな方向からパフで押さえることで、毛穴も目立たなくなります。

ブラシ:ツヤ肌に仕上げたいときに

ナチュラルな透明感とツヤ肌はブラシで作りましょう! ブラシに軽くおしろいを含ませたらティッシュペーパーの上や、ケースのふたでブラシ全体になじませます。ほおや額の広い部分から、肌に磨きをかけるように軽いタッチでのせていくとツヤ肌の完成。Tゾーンなどの崩れが気になる部分はパフで押さえてから、ブラシで顔全体をなじませるW使いがおすすめです。

おしろいをつける前は、ファンデーションがムラなくついているか、しっかり確認しましょうね。その日のメイクや自分の肌タイプに合わせた理想の仕上がりも、フェイスパウダーひとつで完成です♪

Photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。