コスメ

メイクのアップデートしてる?30過ぎたら見直したい痛ポイント

メイクのアップデートしてる?30過ぎたら見直したい痛ポイント

30歳を過ぎると、良くも悪くも顔立ちに変化が生じてきます。若いころは似合っていたメイクが似合わなくなってくるのもこの時期。それに気づかず昔と同じメイクでいると、顔立ちとメイクがチグハグな印象の、「なんだか痛い人」になってしまう恐れも...。30歳を過ぎたら見直したいメイクポイントを、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの伊藤礼子さんにお聞きしました!

ファンデーションは最新なものを!

肌色は、季節や年齢によって変化します。また、肌の質感にもトレンドがあるので、昔買ったファンデーションをずっと使っているという人は要注意。また最近のファンデーションは進化が著しく、薄付きかつ肌悩みをカバーしてくれる優秀ファンデが毎年新しく発売されています。最新のものを使うだけで簡単にイマドキ肌が演出できるので、使わないなんて損ですよ!

なだらか眉を意識

ここ数年で大きく変化した眉の形。細眉や角度をつけすぎた眉は古く見えがちなので気をつけましょう。写真に写る自分の顔がどこか怒ったように見える場合は、眉が細く、眉山の角度がキツすぎる可能性が高いので、角度の少ないなだらか眉を意識するといいでしょう。また、なかなか自眉が生えてこない人は、リキッドアイブロウで描き足すと落ちにくくておすすめです。

ギラギラしたアイカラーは封印

最近のアイカラーは、以前より繊細な輝きに変化していて、大人の上品さを演出できます。ギラギラしたパールや大粒のラメなどが入ったアイカラーは封印して、大人のまぶたと相性の良いしっとりと進化した質感のいいアイカラーを選んでみて。

悪目立ちするチークはNG

発色のよすぎるピンクやオレンジ、またピンポイントに入れるチークは悪目立ちすることも...。大人の肌には、肌なじみのよいピンクやローズ、オレンジベージュなどの色が相性抜群でおすすめ! やや広めにチークを入れることで、肌全体を明るく見せることができますよ。

パールやラメのリップは顔色をくすませる

口紅も、ここ数年で質感が大きく変化しています。パールやラメが多く入ったものは、口元を白っぽく見せ、顔色がくすんで見える恐れがあります。もともとの血色感を活かす色や、なめらかな質感のリップにシフトしましょう。

自分でメイクを施すと「思い込み」が入りやすく、「痛ポイント」に気づけない可能性も。そんなときは、プロによるフルメイクを体験してみるのもひとつの手。第三者の意見を聞くことで、自然とメイクのアップデートができるのでおすすめですよ。

Photo:Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

伊藤礼子

伊藤礼子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、国内外コレクションなどでも多岐にわたり活動。現在、メーキャップブランド「ベネフィーク」では、カラークリエーションなど商品開発も担当。セミナー、ヘアメーキャップスクールSABFAの講師もつとめる。2006年HAIR MODE最優秀年間賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/ito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。