コスメ

立体、メリハリ、うるうるがコツ!フォトジェニックなメイクテク

立体、メリハリ、うるうるがコツ!フォトジェニックなメイクテク

紅葉の色づきがピークを迎える地域も多い11月は、絶好のおでかけシーズン。旅先での思い出は写真に残しておきたいですよね。でも、「写真写りが悪くて...」という理由で景色ばかり撮っているなら、もったいない! 今すぐ写真映えするメイクテクをマスターして、自信をもってカメラに映っちゃいましょ♪

◆ファンデーションの"立体塗り"で白飛びを防ぐ!

「顔だけ白く浮いて幽霊のように写っちゃう...」という人は、顔全体にファンデーションを厚塗りしていませんか? 実はベースメイクは均一でなくてOK。頬を中心にカバーし、フェイスラインは少量のファンデーションで十分なんです。これで肌がきれいに見え、顔に立体感が出るのでのっぺり写ることはなくなるはず! また、写真に写った時に、首と顔との境目が気になる人は、メイク後の顔色と近い下地を首になじませておくのもおすすめです。

◆ハイライトでツヤ肌&パーツにメリハリを演出!

「キラキラ輝く笑顔で、表情豊かに写りたい!」という人は、ハイライトの忍ばせテクが効果的♪ 眉間、頬の高い位置、あご先の3点に太めのブラシでハイライトをサッと入れてください。ハイライトを入れた部分がグッと前に出るように見えるので、顔にメリハリが出るうえ、光の効果で肌もツヤッときれいに見えます。

目の下アイシャドウで、うるうる瞳に魅せる!

「表情が暗い、硬いって言われます...」という人は、目の下にラメやパールのアイシャドウを仕込んで、瞳を輝かせちゃいましょう。おすすめカラーは、ダイレクトに目もとのレフ板効果があるホワイトや、シルバー系のラメアイシャドウ。旅先での写真は少し遠くから撮ることが多いと思うので、「少し大きいかな?」と感じるラメでも、写真に写ると適度に目もとを明るく見せてくれます。もちろん小さめラメや、パール入りでもOK! 肌なじみ重視派さんは、ソフトイエローを使ってみてくださいね!

メイクの他にも気をつけたいのが洋服の選び方。この季節は暗い色を選びがちですが、写真映りをよくするためには白など、明るい色を選ぶと顔が明るく見えてグッドです。

一生の思い出と、みんなの記憶には美人度3割り増しで残しましょ♪

photo : Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。